【シルベスト夏合宿】 復路 200km

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

image

夕飯は肉。
この肉がうまかった。

image

のいさんが、自走リュックサックという、一番変態仕様で到着。TOMOさんといい、リスペクトだ。

image

監督が、お残し厳禁!
『お残しは万(略』

と放ち、一同に戦慄が走る!
みんな完食

店長と、キャプテンのビールアタックにみんなついてけない。
FJTはビールあんまり飲まないのでグラス半分でした。

image

合宿するにはエエところ。ジャージも干し放題。

image

朝は、皆でモーニングヒルクライム。
朝から全員で朝日を見に。

image

いざ帰路へ。監督はここ何週間も厳しい練習をされてきた。監督のアタックには未だに着いていけない!
レジェンドはどうやったら早くなるのか、その最適解がわかっておられる。

リスペクトだ。

走り方、生き方共に勉強になるのだ。

この日はまつけんさんが強い。
まさに無双状態

続いてさとちん。

ピークの殆どをまつけんさんが取る!
くっそー。

最終ピークで、二日間足をためていた久万ヒルクライムの覇者H田氏が怒濤の追い上げを魅せる。

最終局面、まつけんさん、H田氏、自分の三人。
もう、300km以上走った末の峠だ。
渾身の力で振り切る

横からサポートカーで、何か言われてるけどよく聞こえない。

踏みまくる。

最後の登りは辛かった。

みんなと最後の最後までもがけて本当に楽しい合宿だった。

image

絶好調のキャプテン。
強すぎる。

てか、スピードおかしい。ペダリングも変わってるし!

image

大阪までもう少しのところ。パンクが多発。
今回サポートカーが無ければある意味死んでた。

大変ありがとうございました!
皆でお礼しなくてはなりませんね。

image

帰宅後洗車。
なかなかきれいになった。

そろそろ決戦の日が近い。

バーテープ買えよう。

タイトルとURLをコピーしました