チーム合宿二日目 淡路島

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

チーム合宿二日目

チーム合宿は二日目を迎えた。一日目の疲れはスポーツバルムのグリーンのリカバリーが効いてほとんど残っていない。スポーツバルムのグリーン一番オススメです。二日目からはM瀬氏が参戦。サラ足で引っ掻き回す気だ。

二日目も淡路島を回る。初めの水仙峡までの入りゆっくり進む。昨日調子が良かった軍曹とマツケンさん、てっちゃんのチェックは欠かさない。恐らく要所要所でキャプテンや監督も行くだろう。勝手にそんな事を妄想しながらテンションを上げておく。

スポンサーリンク

水仙峡10min 317W

水仙峡に差し掛かる。初めの入りでてっちゃんと走る。昨日数秒差で最後に刺されて負けた。多分勾配と地形はお互いに得意のようだ。初め、軍曹が上がる。その後ろにマツケンさん。昨日のパターンだ。さらに監督が続く。

およそ五名で登りをこなす。途中てっちゃんが出る。すかさず監督も反応。マツケンさん、軍曹もあげる。軍曹が少し飛び出てチェックする。マツケンさんも乗って来たので少し後ろで待機すこし監督があげたのでついて行くとまだゴールではないのに何故か監督が「ガッツポーズ」。

監督、そこピークじゃないっすwwwと、思いつつ華麗にスルーして振り切る。下ると、五名に戻る。軍曹がかける。食らいつく。途中でてっちゃんが上げた。ややてっちゃんが先行する。軍曹と、マツケンさん、監督がちぎれて、てっちゃんと私二人でピークへ向かう。

昨日と一緒の展開だ。てっちゃんは余裕そう。私は限界間近。てっちゃんの方を見ると涼しい顔。ヤバい、やられる。最後にてっちゃんがかけてまたもやほとんど同着の1秒差で終了。。

10分 317W 5.5W/kg

スポンサーリンク

昼飯前最後の登り

風呂上がり57.7kgなのでわりと登れた。そのあとは二つ目のピークまでつらい。最後にヒロさんと。負けた。ヒロさん舞洲もいけそうや。そのあとは、コンビニ前最後のピークへ。多分、村瀬氏来るわと予想して待機。

と思ったらキャプテン、軍曹、マツケンさん、ロマン兄、村瀬氏が抜け出す。ヤバいと思い食らいつく。マツケン師匠が前日に言っていた「登りで抑え気味に入ってじわじわ出力あげてみ」ということを守る。軍曹、マツケンさんが抜け出した時に右手から村瀬氏が抜ける。

必死に食らいつく。一つ目の左カーブを登るも村瀬氏先行する。ラストの右カーブで我慢比べ。昨年乗鞍年代別チャンプのM瀬氏の方が登坂力は高い。最後は気合のみと振り絞る。最後の看板の所に山崎店長が仁王立ちしている。

最後M瀬氏に0.5秒差ぐらいで競り勝つ。「天狗岩の再来やな〜」と二人で健闘を讃えあった。私もだんだん登れてきて嬉しい。次の小高い丘で、遊君とせり遊んでオールアウト。

きりちゃんが今度ピークにいて応援してくれるも、オールアウトしてしまいピークにたどり着けずガードレールに30秒ほど立ち尽くす。下って昼飯へ。

スポンサーリンク

モンスター注入


昼飯はお決まりのモンスターエナジーwww。僕が飲んでたら、キャプテン、監督、男優、も飲んでた。マツケンさんはレットブル。そこから60km先の明石大橋までノンストップ走。

所々軍曹のうしろが辛い。てか、監督強すぎや。。ロマン兄さんも登りであげる。魅せてくれるぜ。マツケン師匠は落ち着いて対処さすがだ。最後の最終局面で、軍曹の特攻が炸裂する。嗚咽を漏らしながらチエックする。

それがやむと、プロライター浅野さんがドカンと行く。それにマツケン師匠がすかさず入る。多分瞬間的に450-550Wが何十秒か続いたと思う。この時が一番きつかった。最後に自分がかけると、マツケンさんがロングスパート。事実上、先頭引いたり二日間の走りを見ていると三枚ぐらいうわてだった。完敗。

総合優勝マツケンさん。敢闘賞軍曹。ってとこか。

スポンサーリンク

二日間ありがとう

今回の合宿を企画してくださった、山崎さん、きりちゃん、かわさきさん、てっちゃん、みぞさん、ほんとうにありがとうございました。チームのメンバーもありがとうございました。今シーズン怪我なく、戦って行きましょう。ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました