トンネルの向こうは、不思議の店でした。

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

本日は超久しぶりにみんなでロングへ。ルートはロマン平田、アテンダーは今や飛ぶ鳥落とす勢いのまつけん師匠。実業団のレースでも格式ある東日本ロードクラシックを制した後に「グルメライド行くよ!」と呼びかけてノコノコ何も知らずに参加する哀れな子羊達。行く先々で、波乱に満ちた久振りのチーム練習を潜入レポートしていこう。

スポンサーリンク

180km 1892mUP 3000kJ

本日は大津からLさんが参加。なんとも遠いところから嬉しい。やはり、チームみんなで練習すると結束力や阿吽の呼吸で走れる。さらに、最終兵器の軍曹も参加だ。サブスリーランナーの力は底知れず、子育てで忙しい所だが後半戦の起爆剤になる漢だ。今日はメンツ的にも十分。

ほとんどの区間をペース走で走る。エース曰く「みんな持久力低い」ということで、ホットポイント以外はミドル走を行う。私も片道28kmかけて集合場所まで行っているが、今日は200-230W程をずっと踏み続けていた。ファストランというやつだろうか。第一、第二も落ち着いて走る。

第三野菜屋に差し掛かった時、1人先行したので追いかける。後ろも着いてくるが何回もアタックがかかり辛い。結局、四着ぐらい。そのまま余野へ。そこから、大阪峠〜裏瑠璃。朝飯食うの忘れてハンガー。ジェルとスニッカーズ食う。そこからメグミルクで20分ほどメニュー。軍曹と私で先行して、後ろから集団が追いかけてくるシチュエーション。

先頭は300W固定の30sec交代。14分ほど逃げたけど大集団に追いつかれてしまった。そこからドン突きまで。まつけんさんが行ったのでフルもがいたけどやっぱりあと少しで追いつけなかった。そこからは最後の15分の登りへ。ロマン平田が熟知した地形で苦しめる。まつけんさんが案の定強くて追いかけたけど届かず。

やはり脚1、2枚違うなという印象。トンネル抜けたらいよいよ本日のメインディッシュへ。そういや、ジブリの千と千尋の神隠しで、キャッチコピーを思い出した。「トンネルの向こうは、不思議の街でした。」まさにそんな状態。

ブランコを順番待ちするチーム員。

ピチピチのジャージを着てエアロダイナミクスを追求したブランコアタック。最近パパになったばかりの漢だ。次来る時に子供が乗っても大丈夫なのか検証しているのだろう。

練習の〆はこちら。特製アスリート弁当。おそらく庭で飼ってる家畜達を美味しくいただくシステム。食とは、食べることとは生き物の命をいただくこと。いろんなことを教えてくれる場所である。胃袋を満たされ、練習も思いっきりしたメンバーは今度は鹿鍋を食べに来る約束をして帰路へ。

年間優勝したらみんなで来たいねと話しながら、辛い練習と背中合わせのグルメライドは終わりを迎える。今日はTSS300と激しい感じだったが、明日はリカバリーライドしようかな。そういや、2010年から住んでる家を引き払うことにした。次の場所は五月山まで5km、逆瀬川まで5km、中山桜台まで5km。

箕面のトレイルも入りやすく、平日朝練にも行けるかもしれない。人生は山あり谷ありだが、やるときは一気にやるほうがいい。できる限り、やるべきことに向かって邁進する。

タイトルとURLをコピーしました