携帯電話の20年

NTTDoCoMoの携帯電話の20年がまとめられている物が公開されたのでご紹介する。

私が初めて使用した携帯電話は1994年のデジタルムーバDだ

当時は030だった。最終的に030、080、010、020、040、090までが使われたことはあまり知られていない。
ちなみに、頭の数字が0なのには理由がある。
0は国内を示している。

次の世代はFOMAだ。FOMAは当初高価だった。

こいつを”初号機”と呼んでいたi-modeの初号機だ
画期的なターニングポイントとなる携帯である。

ここで自転車のからみを一つ。

ブイグテレコム

について。実は日本と馴染みが(技術的に)深い。
ブイグテレコムは自転車チームでご存じの方も多いはずだ。
ちなみにフランスの携帯電話事業者である。
このブイグテレコムはNTTからi-modeのサービスを自国Franceで展開している。
またADSLのサービスも展開しているがそこで使われているSTBの名称が、

Bbox

である。もうお分かりであろうが
BboxブイグテレコムはプロバイダとしてのADSLの宣伝であったのだ。

たまには通信技術者と自転車乗りの知識を生かして違う切り口でBlogを書いてみるのも
また面白いと思っていただけるとこれまた幸いである。

NTT DoCoMo 20th anniversary exhibition for the future
http://docomo-20.com/