Giro d KANSAI 白浜ステージ 一日目

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

Giro d KANSAI の白浜ステージ三日間が疲れてかけてなかったので、記載。

ツールド熊野に向けた強化合宿は観光地白浜を舞台に開催されました。

宿は、かまやんさんのお力で白浜クリテリウムと同じ場所を観光地と繁忙期から考えたら、あり得ないお値段で二泊三日させていただきました。
本当にありがとうございます。

当日の朝、まつけんさんと待ち合わせをして、ゆうくんと合流、白浜まで自転車の話をしながらの楽しい車内。
20120507-191342.jpg

合宿のコースもわからないまま来るなんてみんな凄いね~笑

という言葉に確かに!と思いつつ
あっという間に宿に。
どうも、一方のグルペットはとれとれ市場で食いまくってるようだ。

まさに後先考えずに突き進む選手クオリティ。

確か記憶が曖昧だが、エンジョイライドというふうな聞いていたはずだけど、
開始早々強烈な引きと、信号からの立ち上がりはダンシングで何故か鬼引きが始まる。

後方はインターバルがいく度となくかかり、崩壊寸前!
前の人につくのが必死で、知らぬ間に山中に。
一日目は、どうも観光地でもある絶景ポイントを通ったみたいですよ皆さん、、、?

私がこの日走ってる時にみたのは、パワータップのハブと、jbcfのゼッケンペグ、トップ選手たちのお尻。

登っては下り、登っては下りのオンパレード。

楕円なキャプテン。

下りがエグくて、何故かローテが入る。
60km超えてますよー!?
大丈夫ですかー!?

そんなこんなで無事下山。
景色は見ないで背を向ける二人。

と内心思いながら、52-12回り切ってるのに恐怖しながらあっという間な下りでした。

 

どうも奇絶峡のところでラップ押してなかったんだけど、
ガーミンコネクトの機能で見ると、

奇絶峡: 10min 303w

奇絶峡トンネル過ぎたあとの坂?: 15min 270w


まつけんさんががっつり引いてぐったりな図

 


ラストもがき終わった後のコンビニ。
もう夕暮れです。大の大人が夕方まで走り回りました。

 

夕飯は・・・

白浜ということで、

 

 


枝豆(注 一人前
白浜以外でとれた刺身

 


2割引の弁当(笑

白浜まできて何しとんねん!

な1日目でした。

110km 1,340 m up
2100KJ
TSS 244

タイトルとURLをコピーしました