ROTOR POWER 出荷開始 と 重量比較 FC-7950 vs SRM79 vs RotorPW

クリスマス商戦に合わせたのか、一部のROTOR POWERが一斉に発売された。

ROTOR POWER XCのPCD 110
170mm,172.5mm,175mm 発売中
仕様公開 170mm(505g),175mm(517g)
14.5万

ROTOR POWER ROAD PCD 130
170mm,172.5mm,175mm 発売中
仕様公開 170mm(515g),175mm(525g)
14.5万

■実重量比較 FC-7950 vs RotorPW
ここでメジャーなクランクの重量と比較してみる。
①FC-7950 653g(チェーンリング込)
②FC-7950 SRM 855g(チェーンリング込)
③ROTOR P+Q-rings 50/34 515g+140g = 654g

FC-7950 – Rotor PW(Q-Rings50/34= 1g

残念だがFC-7950の重量より1g重い結果になった。

残念?

パワーメーターの重量は次のステージに来ているのだなと、感じた。
軽量、サンプリングレート500Hz,精度2.0%,温度変化にも強いというものであれば
SRMをいよいよ凌ぐクランク内蔵型が出る時がきたのか。
はよ165mmだして
もう我慢なららん。

※なお、Blog上ではトラブルを避けるため購入に関する情報は当サイトでは紹介しておりません。
機材情報のみの紹介です。すんまへん。