ヒートテックを山岳ガイドが使わない理由

4.5
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

冬のインナーウェアの代名詞といえばヒートテックだ。しかし、条件次第では使用しないほうが良い場合がある。寒い時期に、ランニングやフィットネスで汗をかいてしまうスポーツを行う場合、ヒートテックを使わない方がいい。理由は、北アルプス周辺の山岳ガイドから教えてもらった意外な(しかし生死を分ける)インナーウェアの話である。

私は過去に9年間ほど、冬山の山岳ガイドを手伝っていた。普段わたし達が生活する町中とは違い、冬の雪山はまったく条件が異なる過酷な環境だった。冬場の雪山で数多くの経験をしたが、先輩たちから様々な知恵と教えを教えてもらった。そこで知ったのは、たった1枚の身につけるウェア次第で生死を分けてしまうということだった。

ここから私がお話することは、もしかしたら今の生活に必要ではない話かもしれない。もう一方で、寒い環境下で大量に汗をかく人たちにとっては知っておいたほうが良い情報かもしれない。さまざまな読者が存在するわけだが、この話を頭の片隅において頂けていたら幸いだ。

スポンサーリンク

インナーひとつが、生死を分ける

冬の山に入ると文明の利器は何もない。いまでは雪山と言えど携帯電話が繋がるようになったが、そんな野暮なものは緊急時以外は使わない。娯楽がないので人と人とが会話をするわけだが、毎回話題になるテーマがある。それは体に身に着ける「装備」についてだった。生死分ける山の装備はいつも話題になるし、みな常に気を使っている。

残酷だが何も気にせず、何気なく身に付けているもの、そして身につける素材の違いで生死があまりにも簡単に分かれてしまうという話だった。

特に重要な装備といえば、体に最も密着しているインナーウェアだ。極端な話だが、普段おこなうようなランニングやサイクリングといった活動量が多いスポーツ程度で「凍死する」事はまずありえない(余程の寒冷地に行かなければ)。しかし、冬山の場合は、発汗後の汗冷えが問題になってくる。

山(夏冬問わず)において、汗冷えによる体温の低下は死活問題だ。その際、肌に密着しているインナーウェアの素材が影響してくる。昔からよく使われていたインナーウェアの素材は「ウール」だった。しかし近年の装備の進歩は目覚ましく進んでおり、身体を保温し、汗を排出し、かつ体温を低下させず体を守るインナーウェアの開発が進んでいる。

スポンサーリンク

私もヒートテックを使っていた

そんな雪山の事をよく知っているような私も、初めはインナーウェアの重要性などこれっぽっち知らなかった。今だから正直に言ってしまえば、私もヒートテックが出始めたころ(CMでも盛んに見ていたので)雪山で愛用していた時期があった。暖かい”らしい”のだから、使用することが悪いなんてむしろ考えても見なかった。

私の中では「命を守る装備」だった。

ある日、冬山に行く際にいつものように装備の話になった。その時に私の装備を聞いた先輩はこう言った。「え、なに、ヒートテック使ってんの?、君、素人か?」と、言われたこと今でも覚えている。これから入山する、という準備段階の時だった。

もちろん「ヒートテックだから温かいし、大丈夫です」と反論した。しかし、自分よりもさらに経験豊富な先輩は、言い続けた。「ヒートテックは、使用にむいていない条件がある」と。どのような条件かと言えば、「気温が低い環境で発汗を繰り返す場合」だという。ヒートテックはそれらの条件下では、非常に不向きなインナーウェアであるということだった。

しかし、なぜだろう。暖かいはずのヒートテックを発汗を繰り返す条件で着用してはいけない理由は。

スポンサーリンク

ヒートテックの素材に理由がある

各社から様々なインナーが販売されているが、素材に注目してみよう。まずはユニクロヒートテックの素材だ。ヒートテックは様々な製品が存在しているが、これから紹介するのは一般的なアンダーシャツタイプを掲載している。

ユニクロヒートテックに使われている素材は以下の通り。

  • 34%ポリエステル
  • 34%レーヨン
  • 27%アクリル
  • 5%ポリウレタン

「レーヨン」という素材に着目してほしい。このレーヨンは人工繊維で植物繊維から作り出した天然素材が原料だ。レーヨンの特徴としては「肌触りが良い」という利点がある。しかし、吸水性が高いという繊維の性質があり、発汗が大量に行われると「吸水率が飽和」してしまう欠点が存在している。

結果的に汗の乾きが遅くなってしまう。この「乾くのが遅い」というのが外気温の影響で汗冷えを起こす。そして次第に体温の低下につながっていく。したがって3割もレーヨンが入ったユニクロのヒートテックは、特に汗を多くかくスポーツや、体温の低下が生死を分けるようなシチュエーションで使うのに適していないのだ。

パールイズミというウェア専業のメーカに「ヒートテックセンサー」というヒートテックの類似製品がある。ユニクロの製品を模造したインナーウェアかと思ってしまうがどうやら違うようだ。パールイズミの「ヒートテックセンサー」の素材を確認してみよう。

  • ポリエステル89%
  • ポリアクリレート系繊維11%

キャッチコピーとして、「汗をスムーズに拡散し、ウェア内部の蒸れを防ぎ、身体を冷やしにくくする効果もあります」とある。ヒートテックという名前はついているものの、こちらはまったくレーヨンは全く使われていない。

スポンサーリンク

教わった山用インナー

冬場に発汗を繰り返すと問題になるのは、「汗冷え」による体温を低下だ。では今、私が何を使っているかというと、ガイド時代に教えてもらったモンベルのジオラインだった。10シーズン使ったが、現在は更に良いインナーが登場してきており、改良されたミズノのブレスサーモも使用している。

ユニクロのヒートテックと比べると体感できる”あたたかさ”に雲泥の違いがある。高機能インナーは汗冷えが極端に少ない。ただ、ここで色眼鏡なしにインナーウェアを評価するならば、汗をほとんどかかない普段の日常生活であれば、ヒートテックでも良いと思う。しかし、高機能なミズノブレスサーモであってもユニクロと価格面はそれほど変わらないのだ。

スポーツをする人が使う条件は「汗をかく普段以上の活動量」であり発汗も当然多い。山も登ると、活動量が増え発汗し体はあたたまる。ここまではいい。問題は休んでいるとき、下山しているときだ。汗が蒸発せず衣類に留まったままだと汗冷えしてしまう。これがとても寒く、一番つらい。

冬でも汗をかくスポーツをされる人は、環境が異なれば使用するインナーも使い分けなければならないことを知っておいて損はないと思う。特に冬山では人一倍「汗冷え」について対策と知識が必要になってくる。活動量が多ければ、自身の経験からヒートテックよりもモンベルジオラインやミズノブレスサーモをおすすめしたい。

私は過去の経験から、冬場のインナーとして実際にこれらを使用している。モンベルジオラインやミズノブレスサーモは同じように3つのグレードから選べる。ラン、サイクリングであれば一番薄手で問題はない。普段の生活のインナーウェアとして使ってももちろん十分だ。

インナーウェアは非常に重要な装備だ。だからこそ、素材にまでしっかりと目を向け、自身が使用する条件に適したインナーウェアを選択して欲しい。

スポンサーリンク

ヒートテック関連記事

本記事の公開後、エベレスト登頂にヒートテックが使用されたりと話題につきません。ただし、よくよく事実を調べてみればヒートテックと合わせてドライナミックを使用していたり、山用の装備は仕込んでいるようです。普段の生活において、私は今もヒートテックを使用していますが、どうしても汗冷え等を考えるとヒートテックは必ずしも万能とは言えないのでしょう。

ヒートテックでエベレスト登頂 実はドライナミックも下に着ていた
ヒートテックでエベレスト登頂―――。世界で一番高い山と言われた時ヒマラヤ山脈の最高峰エベレストの名前が思い浮かぶ。大人から子供まで誰しもが知る有名な山である。そのエベレスト登頂の際に「ヒートテック」が使われたというのだ。参照元記事:「エ...
ヒートテック極暖の速乾性は「綿以下」という実験結果
ヒートテックは冬の定番アイテムとして広く認知されている。街で着るにはたしかに暖かい。そして値段も安く入手もしやすい。ただ先般お伝えした、「ヒートテックを山岳ガイドが使わない理由」でも紹介したとおり、汗を大量に書くスポーツなどには向かない...
群馬県エベレスト山岳隊が着用していた「ひだまり肌着」が40年も愛される理由
今から20年前を思い出してほしい。年代で言えば90年台の初めの頃だ。その頃、高機能な「あったかインナー」なんて代物を身に着けている人はいただろうか。ほとんどいなかったはずである。ところが現代はどうだろう。いまや高機能なあったかインナーを...
ベルメゾン が「天然素材95%」であったかインナー"ホットコット"を作った理由
最近めっきり寒くなってきた。あっという間に季節がうつり変わり、気温も下がっていく。季節が変われば、かならず衣替えをするわけだが、いつも身に付けるものや着るものに悩まされる。タンスをゴソゴソと漁っていくうちに、「そういや去年使った発熱...