酸素濃度16.0%/SpO2 92%/SmO2 10% 低酸素順応、出力が戻る。

この記事は約2分で読めます。

低酸素関連の論文にも書かれてる傾向を体感した。高地トレーニングをする際に、標高がやや高めの1000-1200mで身体を慣らしてトレーニングしてから標高を上げる方法がある。これは、体を慣らし運転する役割もあるらしい。やり始めは全くパワーが出なかったが、今日は負荷をかけるとなんと以前のパワー近辺まで戻ってきていた。

SmO2は89-90%と変化はないが、筋肉中の酸素飽和度SmO2は15-20%からつねに10%を切るなど筋肉中の酸素飽和度の使用率が明らかに上がった。これは、取り込む量が改善されたのか(長年トレーニングを続けてきて、そんなすぐに身体が改善されないことはわかっているが)はわからない。ただ、明らかに低酸素状態でも酸素の使用効率が上がったのかわからない。

他にも試してるミトコンドリア系サプリの影響もあるかもしれない。

昨日の帰宅は23:30。当日に帰宅出来た。夜中寝室に寝ると、娘が途中で起きてきて腹の上に乗ってきた。幸せな時間だった。七夕で娘が作ってきたものが玄関に置いてあった。新潟のじじとばばに会いに行きたいらしい。今年は必ず会いに行かねば。最近は仕事も、トレーニングもハードだけど、今日死んでも後悔しないように無駄なこと、大切にすることを取捨選択しながら生きる。

タイトルとURLをコピーしました