フラックスシードオイル

スポンサーリンク

納豆って、体にいいんだがタレの添加物がヤバすぎる。
と思うか思わないかは気の持ちよう。

と思ってタレは食べずあまに油や、フラックスシードオイルに全変えしたのは結構前のはなし。

過去のポストにあるとおもいます。
ようは、オメガ3脂肪酸取ればええはなしだけど、私が使っているのは、フラックスシードオイル。

iherbから輸入しています。

宇都宮ブリッツェンの増田選手も納豆とフラックスシードオイルかけて食べるのをブログで以前知りましたが効果のほどはいかに。

気になったので良いトレーニング無駄なトレーニングを踏襲しオメガ3の効能のエビデンスを探す。

たどり着いたのは、米国心臓病学会誌

いつもの検索はciniiですが、これはあとででてきます。昼休みで探したので詳しくは是非読んで欲しいですが、

概要は、
自転車エルゴメーターで運動
被験者は慢性心不全患者
1日2gのオメガ3摂取グループとプラセボ群を治療に加えて12ヶ月間摂取

結果
左室駆出分画率が、
オメガ3群では10.4%増加
プラセボ群では5.0%低下

この率は調べた所血液を送り出す出力みたいなんかな。

他には、
VO2
持久力
が改善しました。

あぁ、明日からあまに油が最近のトマトのように、、、

でもこれ、鍛錬者じゃないのが気になったので論文cinni検索

EFFECT OF N-3 POLYUNSATURATED FATTY ACID SUPPLEMENTATION ON AEROBIC CAPACITY IN YOUNG WOMEN

いたいけな女子大生を捕まえてオメガ飲ませて、ひたすら自転車こがせるこの企画物

の中に鍛錬者のデータがありました

日常的なランニング、自転車などのトレーニング実施者に対する6週間のオメガ3脂肪酸3g/dayでVo2Maxが一部有意に増加した。

効果の内容は
オメガ3脂肪酸の摂取による組織や赤血球の細胞膜の脂肪酸組成の変化により血液の流動性や膜輸送能の向上していると推察
しかし別の自転車競技者への実験では、あまり効果が見られず
理由としてもともとオメガ3脂肪酸組成が高いことが原因として挙げられる。

競技者でないならオメガ3脂肪酸摂取によって組織細胞の脂肪酸組成が増加して有酸素能力が向上するとある。

競技者っていうのがどれくらいかわかりませんが、
シーズン初めの弱々の時に積極的に摂取するのは良いかもしれません

EFFECT OF N-3 POLYUNSATURATED FATTY ACID SUPPLEMENTATION ON AEROBIC CAPACITY IN YOUNG WOMEN

NII論文ID(NAID) :110001980151
NII書誌ID(NCID) :AN00137986

タイトルとURLをコピーしました