【速報】シマノパワーメーターFC-R9100-Pが137,590円で7月発売へ

シマノ初のパワーメーターFC-R9100-Pがついに7月から発売される。驚いたのは「クランク単品売り」が存在していたことだ。今まではチェーンリングセットでしか購入できないと予想していたが、ここにきてチェーンリング抜きの製品を出してきたのである。

そのパワーメーター内蔵クランクのみ価格は137,590円だ。もはや価格戦争に突入しようとしているシマノパワーメーターFC-R9100-Pについて見ていく。

スポンサーリンク

FC-R9100-P

その前にこちらは先日私が撮影してきた、新型デュラエースのカットサンプル。現在大阪のグランフロント内のシマノスクエアに展示されている。このように中空になっており、余裕でセンサーを埋め込むことが可能になっている。

7月に発売されるFC-R9100-Pの詳細は以下のとおりだ。

  • パワー計測
  • パワー左右バランス
  • ペダルスムーズネス
  • ケイデンス
  • トルクエフェクティブネス
  • バッテリー残量情報
  • ANT+
  • 重量増70g
  • リチウムイオンバッテリーBB軸内に搭載

価格は以下の通り。

  • FC-R9100-P パワーメーター内蔵クランクのみ:137,590円
  • FC-R9100-P パワーメーター内蔵155,155円

シマノが発売するパワーメーターは当初20万円ほどとの予想だった。しかしここにきてペダリングモニターとのセットより安価に対抗してきたのだ。

2016年4月2日にフランスの大手ニュースサイト「matosvelo」がすっぱ抜いた時、シマノパワーメーターの公式発表は6月30日、価格は1000€(約13万前後)になるのではないかと報じていた。海外の複数の別のサイトも同様のリーク情報を報じており、今から振り返ると信憑性の高い情報であったことがわかる。

なお、シマノのFC-R9100-Pは効率の測定や、パワーデーターを管理するソフトは社外品になる可能性が高い。いずれにせよ巨人シマノがいよいよパワーメーター界に進出してきたことから、市場が大きく動くことは間違いなさそうだ。

関連記事