Power2maxとSRMの性能比較

スポンサーリンク

Power2MaxとSRMの比較

スェーデンのインプレサイトに掲載されていたPower2MaxとSrmの性能比較です。

SRMとPower2Max(以下P2M)の比較

  • P2Mは簡単な電池交換が可能
  • 電池交換によるキャリブレーションが不要
  • バッテリー寿命は300時間から400時間
  • PowertapとP2Mの誤差は1.3%~2%の範囲
  • P2Mは自動キャリブレーション機能を有する

Power2Maxの性能をまとめました。

  • スパイダーアームが出力を計測している。
  • P2Mのセンサーは+/- 0.1%の誤差
  • 自動キャリブレーションする精度を持つ
  • データ更新間隔は2秒
  • スパイダーアームに加速度センサー内蔵
  • ケイデンスマグネットは不要
  • 水洗い可(高水圧は避ける)
  • リプルギア仕様も今後発売
  • MTB用も販売予定
  • チェーンリングを交換後のキャリブーレーションは不要
  • 楕円リング使用による出力影響はない
  • EDGE500,EDGE705,EDGE800に対応
  • シマノとカンパには対応していない
  • スパイダーアーム単体は690ユーロ

SRMと比較すると価格面で圧倒的に有利です。

Power2Maxに関連する記事はこちら Type-s発売に伴い加筆修正しました。
POWER2MAXインプレアーカイブ