ITLABホイール

スポンサーリンク
ITLABホイール

ホイールの材質と重量分布で走りの質は変わるのか

これまで様々なホイールを使用してきたが、ひとつひとつのホイールに走りの個性があり、どれも異なる印象を持った。それらを「走りの質」として感じていたものの、ホイールの走りの質を決定しているものが一体何者なのか、その正体はわからずにいた。
2021.09.01
ITLABホイール

ITLABホイール 設計思想と開発の記録

理想のホイールとは何だろう。 今まで様々なホイールを使ってきた。どんなホイールであっても何かしらの設計思想や、特殊な構造、優れたエアロダイナミクスといった特徴があった。しかし、どのホイールにも共通していたのはリムハイトが高くなれば重量が増すこと、対して軽量化に重点をおけばリムハイトが低くなりエアロ効果が小さくなることだった。 メーカーは「重いエアロホイール」や「軽量ローハイトホイール」とい...
2021.09.01
ITLABホイール

UCIの認証を取得しました ITLABホイール

UCI LIST OF UCI APPROVED WHEELS 2021年5月28日付けでUCIの承認を取得しました。合わせて公式サイトも更新いたしました。
2021.09.01
ITLABホイール

Mt.富士ヒルのホイール考察とシミュレーション結果 CLX50 / Alpinist / ITLAB45

富士ヒルクライム(通称:富士ヒル)で使用するホイールについて、シミュレーターを用いて比較検討を実施した。使用ホイールとしてエアロ系に特化したROVAL CLX50、軽量性に特化したROVAL ALPINIST CLX、開発したITLAB45の3パターンを用意した。 ホイールの空力性能はYaw角の違いで異なる。風洞実験室内で優れていたとしても、自然界で発生する風向きの違いによってホイールの優劣...
2021.09.01
ITLABホイール

風洞実験結果! ROVAL vs ITLAB45はどちらが空力が良いか?

風洞実験を実施した結果を報告します。当日の試験条件は以下の通りです。 試験日:2021年2月19日 室内の気温:18.4℃ 風速:48.3 km/h(13.4 m/s) Yaw角:0, 2.5, 5.0, 7.5, 10.0, 12.5, 15.0, 17.5, 20.0 タイヤ空気圧 6.6bar タイヤ:GP5000 25C (新品) ディスクローター:SM-RT900 140mm 測...
2021.09.01
ITLABホイール

ITLAB45出荷開始。

購入希望者が240人に。通知アラートが鳴り止まないので一旦通知アラートを切ることに。にしても、手間ひまかけても材料費と工賃しか頂いてないので、ここまでの開発やテストの手間も対価として頂けたのなら嬉しいな。4000円ぐらいで考えてるところ。 特に積極的に売りこむことはしてないんだけど、早くから明確な購入意思があった村尾さん、KTRさん、そりさん、タクさん、のいちゃんに出荷。このうち村尾さん、KTR...
2021.09.01
ITLABホイール

ITLAB45ホイール 45.5mmで1,228gの軽量セミディープカーボンTLクリンチャー

2021年3月1日追記:ホイール仕様変更によりスペックと内容を加筆修正しました。 ITLAB Engineeredは軽量オールラウンドホイールのITLAB45を限定発売します。 速さに軽さを。 ITLAB 45はリムハイト45.5mm、重量1,228g(誤差±0.8%)を達成したカーボンチューブレスクリンチャーホイールです。1,200g台の軽量ホイールといえば、ヒルクライムや登り...
2021.09.01
ITLABホイール

更に軽く強く。スポークを設計。

もしかしたら、1220gぐらいまでホイールの完成重量を落とせるかもしれない。というわけで、プロトタイプ作成。チタンベーススクリューをそのまま伸ばしてスポークにしてみたらどうかという話に。よーく考えたら、これ構造スポークと一緒やんという話に。コロンブスの卵。あとは、2.0mmから厚みを0.55mm削る方法考えないと。金めちゃくちゃかかるけど、やって見る価値はあるよね。 実はこの世にG13(BC...
2021.09.01
スポンサーリンク
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーが検出されました。

当サイトでの広告表示を
許可してください

広告ブロッカーをお使いのようです。
このサイトでは主に広告収益で
運営しております。
ご理解頂きますようよろしくお願い申し上げます。