オーダーメイドインソール SIDAS編

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

01

ロードバイクシューズ専用のインソールを作成してもらいました。


03

本日はインソールを作成してもらってきました。

今までスキー用にSIDAS社のインソールを使用していましたが、ロードバイク用の既製品は足に合わないので

ここはやはりSIDAS社のインソールを作成。

本日は ADVANCED FOOT DESIGNさんで作成。

下山してきて休暇を取っていたのでサックリ予約。

ちなみにSIDAS使用選手は

イバン・バッソ:ジロ・デ・イタリア優勝
上村愛子:2009世界選手権2冠
皆川賢太郎:トリノオリンピック4位

とトップアスリートが使用。

どうも最近はスキーの割合が3割で、バイク&ランが7割を締めるとのこと。

はじめは、足のサイズと足幅を計測します。

私の足は、
R=246-262mm
L=248-261mm
足幅も図ります。
私の足のサイズは25cmでした。
SKIブーツも25cmを履いていることからやはりぴったりのようです。

09

次はこの足圧分布測定です。
乗ると足裏の圧力分布を図るすぐれものです。

01
どうも私はカカトに圧がかかっていました。

左右バランスはL=48%、R=52%と2%程右より。
まぁまぁのバランスとのこと。

10

バキュームマシンで自分の足型をとります。

11

このアナログの圧力計で片足屈伸とかします。

やはりスキーでも同じですが脚を曲げたときに膝が内側に入る癖があります。
んでカカトよりの荷重が私の癖のようです。
スキーはカカト荷重なのでしょうがないきもしました。

02
03
んで完成したのがこれです。

世界にひとつだけのオーダーメイドインソールです。

今回は、
ベース素材:薄型サイズ
レインフォース1(中足部):RM-2
レインフォース2(後足部):AFX-1

で作成しました。

インソールは体にゆいつ接触する物なのでかなり違いが分かる部分です。

作成する際は使用シューズを持参することが必須です。

みなさまもぜひ!

タイトルとURLをコピーしました