Brain and muscle Arnt-like protein-1 (BMAL1) 脂肪と時間について

スポンサーリンク

ほんの、ついさっき上司がこんなことを口にした。

最近食べる量変わらないのに太るんだよね。お前に付き合うてるから夜遅くなるからかな~笑

それは気のせいではないとおもう。
実は出張中に別に暴飲暴食したわけじゃない。むしろ野菜を中心に食べてきたはずだ。でも太った。63.5kgまでは確認したが、飲みまくったあとで参考値として記録しておく。

問題点を洗い出してみると、その食べていた時間帯に問題がある。迷信で夜遅く食べると太るというのがあるが、それは迷信でもなんでもなく、事実体のリズムとしてそのような機能があるようだ。

Brain and muscle Arnt-like protein-1 (BMAL1)

という機能。
脳のサイクルは一日25時間らしいが、地球の一日は24時間。このようなズレを、補正する為にこの機構が備わっているらしいんだけど、この体内のタンパク質であるBMAL1の量は、時間によって変化する。
午後3時では、BMAL1は最も少ないが、午後10時から午前2時ごろでは、昼の約20倍の量になるとのこと。
人間の体内のサイクルで、深夜のご飯はやはり脂肪になりやすいのだ。

それがわかれば、その通りにするべきだと思うが、べき論は時間の制約や個人の生活リズムを無視しているから、
実際帰りの遅いリーマンはどうしたらいいか。
食べないのも一つの方法としてあげられるが、やはり夜食はGI値が低い物、野菜中心に魚なんだろう。脂肪系、炭水化物系はやはり避けたいが、今の時期ならさつまいも。
さつまいもは食物繊維も多く、グリセミックインデックスは55と非常に低い。

やっぱりバランスの良い食生活を考えると、
朝昼で炭水化物、魚、肉、野菜、果物
夜は、野菜、タンパク質になるんかな。

今年最後の実業団のレースである輪島に向けて減量をしなくてはならないわね。

痩せようと思った理由は、実業団総合一位の所長から
顔ふっくらしましたね(そんなデブな身体で戦おう何ぞレースなめとんのかワレ)と言われたからに他ならない

56.5までいけるかな~