年末〜年始〜希望が丘ヽ(・ω・)/ズコー

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

スポンサーリンク

関西CX C1 希望が丘 論外。

走れませんでした。前後タイヤスローパンクで無理やり走る。交換の手間を恐れたのが致命的だった。砂がついたままタイヤを交換してしまい、コーナーリングごとにプシュッ、プシュッと鳴る。おわり・・・。ちょっと、反省して何が行けなかったのか戒めのためにメモしておこ・・・。

スポンサーリンク

反省・・・。

他に何があかんかったの分析。

以前、福田さんから「しっかりと休んでからレースにのぞんでみな」とアドバイスを頂いた。言われたことを守って、それから首の皮一枚でなんとかシングルが続いた。なんとなく走り方がわかってきて調子に乗っていると痛い目にあう。今日の希望が丘のレーススタート前は半ば諦めてしまった。

体が重い。練習不足ではなくて、この2週間のデーター見るとレース前にしては走りすぎている。後悔先に立たず。特別休暇をもらって年末に長期休暇をもらう。「レースはまだ先だー、走るぞー」と思いつつ年末年始はCTLを上げることに専念。CTLは120にまで戻った。

last14dayを確認すると20230kJ、TSS1921、930km、やりすぎ。レース前日になぜか希望が丘と似ているSガ原を2時間30分回ったのが運の尽き。「練習のための練習はするな、レースのための練習をしなさい。」今回のレース結果がロードなら監督に本気で怒られるパターン。

スクリーンショット 2019-01-06 21.16.58スクリーンショット 2019-01-06 21.17.04

2週間これだけやればCTLはあがるが、とうぜん疲労抜かないとレース走れないことはわかってたはずやろ。アホや。パワーメーターは使いようだよな。きちんと自分を管理していかないと、意味がない。

いや・・・まてよ、いつもどおり行けたとしても順位は変わらんかったかも・・・。これは言い訳しているな。まだまだ甘い。次回はやりすぎずいつもどおり走ろう。反省。

前にもこのパターンで失敗しているのに、失敗を繰り返すのはマジでアホだ。どうなるかわかっているのに。妻に「アホやな」と言われたけど、その後に「次も頑張ってね」と。自転車乗りとしては最高の環境だよな。

エスキーナのオートミールクッキーを買って帰ったら喜んでいた。実は、チョコ2つ、アールグレイ2つ買ったんだけど、間違えてチョコを2つ食べてしまいアールグレイを2つ渡した。本当は両方楽しんでもらいたかったが・・・。

明日はFLOで2018 DVV Trofee: GP Sven Nysをローラーしながら見るのが楽しみになので、ふて寝することにした正月最終日であった・・・。

レースで成績を出すために練習するのであって、練習で本気出してもしかたない。次は頑張るぞ。( ´ー`)フゥー...。

タイトルとURLをコピーしました