実業団 石川ロードレース 2/3

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

レース当日。

E1よりも遅く午後から始まる。

E1のレースを見ていると周回を重ねるごとに人数が絞られて行く。
二周目、矢部さんが三名の逃げ集団を形成し逃げを決める。
その後矢部さんの漢引きが55キロ続いた。

集団とのタイム差は最大一分までひらいた。
集団にはまつけんさん、キャプテン、ラオウさんが待機している。
最終まで大きな動きはなかったがラスト一周でタイム差はが縮まり集団は吸収。

放送で、矢部さんが落車したとの内容が流れる。
まさかとは思ったが、ゴールまでヤキモキした気持ちで待つ。
次の放送で、松木さんが飛び出したとの放送が。
その後松木さんがゴールまでもがいてくるのが見えた。

疲労困憊している松木さんの後に、矢部さん、キャプテン、無羅王さんが入ってくる。

結果見事松木さんが二位。
矢部さんの逃げや、松木さんのスプリントなどとても素晴らしいレースだった。

タイトルとURLをコピーしました