デザイナーコラボウェア第二弾BLACK MAMBAリリース。
詳細はこちら

レース出場・レポート

スポンサーリンク
レース出場・レポート

JBCF第二回カルストロードレース 4位

一年前のカルストロードレースは散々だった。思うように走れなくて、もう走るのやめようと思って昨年のレースを終えた。やっぱりレースというのは残酷で、練習するのはあたりまえで、どんなに辛い練習しても、苦しんでも、結果とは必ずしも比例しない。 で...
レース出場・レポート

たまにはエンデューロというものに参加してみた話。

エンデューロというものはあまり出たところが無かったんだけど、長い時間、止まらずに走れるので一度出てみることにした。あとはモチベーション維持。ということで播磨中央公園のエンデューロへ出撃する。普段別カテゴリで走っている池ちゃんとたけはると...
レース出場・レポート

J-PRO TOUR やいた片岡ロードレース 松木選手アマ最高位

国内最高峰のレースJ-PRO TOUR やいた片岡ロードレースでまつけん選手(VC FUKUOKA)が13位。113名出走で完走は43名。プロ選手に混じり佐野淳哉選手と徳田鍛造選手に挟まれてゴール。フルタイムワーカーサラリーマン&オッサ...
レース出場・レポート

兼松大和選手が初代王者に第1回神河ヒルクライム

兵庫県の峰山高原の山頂をめざして駆け上る17.3km(標高差773m,平均斜度4.5%)のヒルクライムレース「第一回神河ヒルクライム」初代王者に兼松大和選手が輝いた。神河町役場(標高149m地点)をスタートして序盤5km地点までは緩やかな...
レース出場・レポート

2018美山ロード写真 FABtroni+camera

Photo:FABtroni+camera プロフォトグラファーけんさくさんの写真がアップロードされましたぞ。いつも素晴らしい写真を撮ってくださって感謝です。レース以外の写真も興味深く拝見しています(^^) 前向け、前。 ...
レース出場・レポート

美山ロードのC1,C2写真 ありひろさん

いつもレースが終わらないと、どこにいるのかすらわからないステルスありひろさん。チームの専属写真担当(勝手に任命)、シクロクロスの写真もステルス撮影している。おそらく本人を見つけるのは至難の業。今回も美山に来ていることを、表彰式で知る(笑)...
レース出場・レポート

2018 美山ロードレースC1 30位 30overカテゴリ3位

PHOTO:ありひろさん こちらは先頭集団 1周目 入り乱れる。 総合とは別に年代別30-44カテゴリがあります。 昨年まで完走したことすら無かった美山ロードレースC1。今回は過去最多の240人出走というカオス。半...
レース出場・レポート

2018実業団修善寺E1 Day1,2

日本屈指の難コース日本CSC。修善寺といえば、競輪学校があってまさに総本山。厳しいレースになるのはわかっているけど、どこまで走れるか少し楽しみ。メンバーを見ると、プロツアーでも普通に走れるメンツがゴロゴロと。完走すら怪しそうな気分だが、と...
レース出場・レポート

2018JBCF実業団E1 おきなわロードレースDay1: 3位、Day2: 7位

ゴールを切った瞬間、なぜだかわからないけど、監督と松木さんとキャプテンの順に顔が浮かぶ。妻の顔は浮かばなかった(笑 できるなら、目の前で結果を出したかった。とても長い時間がかかってしまった。今は一緒にレースを走る事はできないけど、私が...
レース出場・レポート

ツール・ド・おきなわへのプロセス 2017市民210km 2位 松木健治選手

所属チーム(VC VELOCE)の松木選手から、当ブログだけに記事を寄稿いただいた。その内容は、今年前半のまったく走れない最弱状態から徐々に過去最強状態へ到達するまでの詳細なプロセスとその方法だ。平日のトレーニングの方法、松木選手の詳細...
レース出場・レポート

追記 2017 JBCF 秋吉台カルストロードレースElite

PHOTO:( •̀(ェ)•́ )σ Kensaku Sakai(FABtroni+camera) 秋吉台のレースレポートを全く書く気が無かったが、来年(登録するかは悩んでいるが)の為に文章として残そうと思った。というより今自転車乗れない...
トレーニング

激坂朝練後からの実業団舞洲TTへ

5:20起床。今日は舞洲TTだけど朝練へ。激坂対策メニューで箕面周辺の激坂を登る練習。体重は57.6kgだった。もうあと1kgは落としたい。緩やかに落としてきたからパワーの低下はない様子。ここまで落ちると、登っていても軽いなとわかるほどだ...
レース出場・レポート

2017新潟ヒルクライム6位 23:50

新潟の美味しいご飯の総攻撃により、減量は最後の最後で1.6kg増の59.6kgのデブ仕様で出るwww。残りのレースに向けてまだ落とせそうな勢い。もう少し落としたかったが後の祭り、全力を尽くすのみ。4:50に起床。だんごと、バナナ、ヨーグル...
レース出場・レポート

2017実業団西日本ロードクラシック広島森林公園 DAY2

何名かの知り合いから、同じ画像が送られてきた。本当にありがとうございます。 実業団西日本ロードクラシック広島森林公園。DAY1はエンジンかからず爆死。一日目は惨敗すぎて、反省すらできない。夕飯はパスタ単品、ハンバーグセットのコンボでカーボ...
レース出場・レポート

2017実業団西日本ロードクラシック広島森林公園 day1

帰国後初のレース。二週間自転車に乗れてなく、調子は上がってないけど、やれるところまでやるつもりで走る。できれば先頭集団でゴールしたいところ。諦めないで、ちぎれても踏む事を念頭に。諦めないのも、ホビーレーサーのたしなみ。癖になるからね。 ス...
レース出場・レポート

2017 美山サイクルロードレースC1

photo:kensakuさんから拝借した日本屈指のお米ハンターたち。 美山サイクルロードレースC1は三回出て、一度も完走したことない。マツケンパイセンは昨年六位で本来はシードだったのだが、今年は東京に行っちゃったのでチームはイシトモさん...
レース出場・レポート

2017 堺クリテリウムE1 大阪タラレバITさん

堺クリテリウムE1に出場。集団スプリントだとやっぱり勝ち目がないので、逃げが少しでもできそうなら乗りたいところ。ホントどれが決まるのかわからない。でも、皆が飽きてきた時に逃げは決まりやすい。ホント、逃げに乗らねば逃げられない、買わないと...
レース出場・レポート

2017 群馬CSC 2days E1

昨日一番気になっていたレースは、ロードじゃなくてCJ八幡浜大会。沢田時選手、中原選手達とU23の平林選手が走るとあってリザルトが気になっていた。マウンテンのレースに出るつもりはないのだけど、次世代の選手たちの一騎打ちは白熱した様子。 平野...
レース出場・レポート

2017 伊吹山ヒルクライム E1

伊吹山ヒルクライム。24位実業団のポイントを金で取りに行くヒルクライム。なんとか完走点以上でゴール。タイムはまぁこんなもんだろう。クライマー達には勝てない。体重は一切落とさず60.8kgという重量級で望む。ほとんど練習だと割り切って諦め...
レース出場・レポート

2017 JBCF 舞洲クリテリウムE1

地元開催の舞洲。応援も多い。スプリントに備えて闇雲に動かず、周りをよく見る。無駄足使わない。駐車場代を回収するスプリント賞を取る。レースペースは普通。インターバルかかるけど、辛くない。位置どりだけやな。だいたい10番手ぐらいでゆるゆる。 ...
レース出場・レポート

2017 JBCF 舞洲TT E1

舞洲タイムトライアル。小型軽量の私には短距離パワー大会は厳しい。朝58.5kgぐらい。今年初TTバイク。もう少しハンドル下げたい。バイクはTIME RXR Chrono, Lightweight, Roval CLX50。ペース配分は追い...
レース出場・レポート

2017 実業団 岬クリテリウム E1

岬町は逃げられないコースなのはわかってたけど、かといってスプリントになったら勝てない。逃げがうまくできればいいなと思いつつ、右京とネクストリームが行ったらついてく感じ。全体的にアタックかかっても、決まらない雰囲気が最後まで続く。 レー...
レース出場・レポート

2017レース初戦 広島森林公園

今年初レース。今年はいろいろ思うところがあって違うカテゴリに参加。広島のコースでホイール試す。ここで使えたら外でも大丈夫だから。少し心に余裕のあるレースの中でいろいろ考えながら走りたかった。これからカツカツのレースばっかりだから、緩やか...
レース出場・レポート

最強のアマチュアレーサーを決めるツール・ド・沖縄210km 5位

ツール・ド・おきなわ市民210km。日本のロードレースシーンの一年を締めくくる戦いと位置づけられ、事実上「ホビーレーサーの頂点」を決定する大会である。ホビーのレースとしては国内最長の210kmを有し、上り区間や海の風といった様々な気象条件...
シクロクロス

ゆずの里 向山グラベルクリテリウム エキスパート 三位

ゆずの里 向山グラベルクリテリウムに参加してきた。じゃり道で高速なクリテリウムするぜ!というクレイジーな企画。監修は三船さんと自転車大会運営の匠、京都車連の皆様。面白いレースをいつも開催してくださる酔狂な集団。 以下大会概要をシクロワイ...
MTB

過去最悪の天候 SDA王滝 100km から無事帰還。

セルフディスカバリー in 王滝。文字通り自分探し、そして己の力のみで突き進むレースだ。今回は台風が近づいてきていることもあり、近年まれに見る豪雨に見舞われた。予想降水量は最大10mm近く、とても参加したいと思える天候ではなかった。その...
レース出場・レポート

自分の悩みは過大評価される

人間の思考はとても興味深い。うまく行っているときは何も悩むことは無い。そのやり方で合っていると思っているわけだし、なにより「結果」が出ている。結果が出ているときは今の行いに対し疑問や改善を積極的に行わない。 第三者の「深刻」な悩みを聞いて...
レース出場・レポート

2016舞洲タイムトライアル TIME RXR CHRONOと共に

乗っててほんと楽しいバイク。あ、レースはとてもつらかったけど。今日は近くで開催された舞洲タイムトライアルへ。3分6480円と毎年揶揄されるレース。レースは時間で金が決まるわけじゃないので悩ましい。でも、冷静に考えると高い。帰宅して友人数名...
レース出場・レポート

2016実家帰省 夏も終わりやな

夏も終わりなんだろうなーと感じる。一年ぶりに実家に帰省することに。一年経つの早い。毎年そう思う。ただ、一日のあるスポット的な時間はとても長い。ようするに振り返れば、記憶が断片的で、時間があいだあいだで飛んでいるから短く感じるのか。 こうや...
レース出場・レポート

2016 西日本ロードクラシックE1 22位

実業団西日本ロードクラシック広島大会。個人的に好きなコース。ただし、ハイスピードの下りと、三段坂が辛い。昔ここで全日本選手権があったり(宮澤選手が優勝)と歴史あるコース。昔は路面状況が劣悪でパンクも多かった。 何年か前に路面も改修され...
スポンサーリンク