2016-2017 関西シクロクロス 希望が丘 C1 14位

「全然練習してないですよ」なんて言ってリザルトが上がってくればいいんだけど、小学校の「勉強してないけど点数取れたわ−」的な事は私には無理なので、年末年始は黙々と練習するしかなかった。最近の終わってるリザルトからみれば今回はやっとちゃんも走れた(´;ω;`)ウッ…

ちゃんと走られたときは記事書くのがサクサク進む。一応自分のメモがてら残しておこう。最近で一番運も味方し走れたレースでした。烏丸のビリがショックすぎて、年末から年始、平日とロードで走りこむ。年始の締めはロードで定番のコースで160km程淡々とペース走で走りこむ。

とにかくロングで淡々と。3時間205W程で。その後はシクロクロスバイクに乗り換えてS周回トレイルを一人でノンストップ60分走。翌日からは仕事の朝に、STT20min2本。とにかく基礎体力をつけてから希望が丘へと。結果的には体力が戻ってきたかもしれないなと。

愚直に、基本的な事を淡々と毎日やり続けないと凡人に未来はない。

スポンサーリンク

雨が降る希望が丘 C1

希望が丘には希望があるという伝説がある。雨降ってどうみても私には向いてないコースなのはわかった。しかし、淡々と刻もうと。

スタートは、岡さんの近くに。タグチさんの傘に三人で相合い傘。ほんとこういう時の雨宿りは嬉しい。レース前にリンゴロードのシモさんがウェアを受けって頂き、レース終わりまで持っていてくださった。。本当に今日みたいな悪天候の時は嬉しい。本当にありがとうございます。タイヤは1.5bar程よりほんの少し下げた。

スタートグリッドには前にはフクダさんが居るのでスタートどんな感じでやってるのか見たかった。勉強です。スタートは結局クリートはまらずかなり後ろに。また、やっちゃったわ。タグチボスから「みんなインに行きたがるから。」と聞いてたので外から。そしたらインで落車。アウトから入ったのでうまくすり抜けられた。本当に感謝だ。。

目線がいつも落ちすぎだったので、練習でなるべく次へ次へ見ることを繰り返しやった。やはり、練習でできないことはレースではできないよね。

淡々と周回を重ねると次第に順位を上げてくる。はじめは29-28番手程。そのあとは徐々に上げていきパックを見つけては抜く。イメージは普段やってきたSTT付近を維持する感じ。。そうするとだんだん前の人たちが見えてくる。マジか。。普段見慣れない強豪ジャージがチラホラ。

そういや、今回は下り区間が今年のSDA王滝みたいで雨の砂利。こんなところを100km登ったり下ったりしてたせいか、なんとなく踏んでいけた。下りでまさか前の人に追いつくという、普段の自分からしたら「スター取ったマリオ」みたいな、気分。

ただ、今回はみんな低体温症にやられてたみたい。。マツケンさんがヤバくてほんと心配でした。。実は今回は雨が降る&寒くなる所という気象条件からインナーを変えていた。色んなインナー使うの好きなので。。自転車用というよりは山の装備。私のレース展開なんて誰もオモロないと思うので、少しは役に立ちそうな体を冷やさないウェアの話を。。

今日使ったのはこの「水中用のインナー」。ファイントラックのドライインナーのアクティブスキン。今回は上下着ました。カヤックとか、沢登、あと雪山のバックカントリー、水中で着るインナーウエアです。その上にモンベルのジオラインの長袖。結果的にはこれがアタリだったのかなと。このインナーの説明はこんな感じ。

優れた水中保温性

アクティブスキン®を肌に直接着用すれば、優れた耐久撥水性能により水と肌が接触する面積を最小限に抑えることができます。水中で起りやすい低体温症のリスクを軽減し、陸上に上れば素早く水が排水されるため、濡れ続けることによる不快感も大きく改善できます。
薄くて重ね着が容易なため、finetrackのウォーターレイヤリングはもちろんのこと、吸汗性ウエアやウェットスーツの下などに着用することで水中での保温性を容易に調節でき、安全性と快適性を向上させることができます。

アクティブスキンの威力がわかる動画が面白いので↓参照。

てなかんじで、、、ブッカケられてもOKなガチムチなメンズが印象な動画です。

自転車では馴染みがないインナーですが、雨天時は良く着ています。意外と知らないだけで本当に便利なものはたくさんありますね・・・。動画も面白いです。低体温症とか、汗冷え、水ブッカケ系等々。なお3種類あって、「スキンメッシュ」、「アクティブスキン」、「パワーメッシュ」とあるのですが、水中用は「アクティブスキン」です。

値段はやや高めですが、機能が機能なので私は安いかと。。割り引きで売られているところは見たことがないのでどこで買ってもこの値段です。

レースが終わったあとはジャージだけ脱いで、この水中用インナーとジオラインの上にドラウトフォースっていう、めちゃくちゃ水を吸って発散する服着て帰宅。乾くの早いので濡れても「着替える必要がない」というのが良いです。ホントおすすめです。

なので、体はほとんど濡れず体力も奪われなかったのて最後まで体力持ったのかなという、今日のウラ話でした。。。雨天時にスポーツをする人や喜んで泥沼走るシクロクロッサーにはおすすめです。

衣類の選択と出場者が少なかったのでたまたま14位だったけど、堺でも同じぐらいのリザルト取れるようにがんばります。今日は建具の桃が表彰台へ。ほんと速くなったなぁと関心。今日は最後まで踏めてたね。本日も、色んな所から応援が嬉しい。ほんまいつもありがとうございます。

明日は、ロードが本業の人たちといつもの160kmコースへ行ってまいります。雨が降ったらまたこれきてくでよ。