マッサージとコンプレッションと食い物最近。

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

昨日は、屍のまま家までたどり着く。

いつも見てもらっているマッサージ師さんを指名したところ、休みとのこと。
あらま、しゃあないから他の人でもいいからと藁にでもすがる思いで。

YB先輩の豚肉メニュー食べたあとに爆睡しいざ体を癒しに。

店に着くとなんと、本日は休みのはずのマッサージ師さんが!
話を聞いて、休日出勤してくださったらしい(;゜0゜)な、なんと。

正直じぶんに合う合わないがあるが、Giro de osaka 9daysを影で支えたのはこの方に他ならない。

このお店の外観は大阪によくある2980円の60min看板の格安だが、メニュー内容が良い。あとはあたりを引く運か。

いろんな方に今まで見てきてもらったがこの方に施術していただくと、
のとが乾くわ、トイレに行きたくなるわ、汗かくわ、血管浮き出るわ疲れ取れるわで自分にあっている。

格安マッサージ店にありがちな、リンパの経路もリンパ腺もわからない、挙げ句の果てには筋肉の名称もわからないようなことはなく、むしろなにより、giro de osakaやってる最中の二回目に見てもらった時に前より右足が太いとか、ハムストがいつもより張ってるとか、左の大腿四頭筋より右の方に時間かけたほうがいいとか、
よくありがちな60minのうち15minづつやっておしまいという流れ作業はしないところも信用がおける。
リンパ腺の位置も理解しておられる。

やはり付加価値をつけることができる仕事ができるのはそれだけで信用できる。

そういや、付加価値といえば前からブレーキをかけるたびにカタンカタンなっていたんですが、ブレーキシューの交換で豊中店に行った時のこと、どうもアーチがバカになっていたみたいで、見てもらったところ、綺麗さっぱり異音はなくなりました。
村上プロありがとうございました。
これも技術の付加価値を感じたところです。

そいで昨日はマッサージ師に見てもらったあとに、冷たい飲み物を飲むと内臓に刺激を与えすぎるので避けることや、ご飯中は胃液と唾液の分泌を妨げないように水は控えること、食後一時間後に水をとることなど、内蔵から浮腫みの改善指導を受ける。

帰りは、玄米黒酢を飲むと血がサラサラになり結構促進になるというのを聞いて、高かったけど玄米黒酢を購入。
金グリに入っているアルギニンが含まれているのは知らなかった!

あと、結構前からサラダのドレッシングは果糖ブドウ糖液糖が入っていないものを使用していて、こちらも高かったけど大阪の谷町ポン酢にした。
ドレッシングに、果糖ブドウ糖や、果糖ほにゃほにゃなどは一気に血糖値を上げるので注意。

塩分と、糖類を控えめにした食事メニューにしてますが、油も良質なものに変えてアマニ油や荏胡麻油を飲むことにした。
こちらは宇都宮ブリッツェンの増田選手が取っている油だったので、間違いない。
以外と見落としがちなのは、納豆のタレでこちらも果糖ブドウ糖やらなんかわけのわからん材料が入ってる。

楽しく料理して体を改善しながら、
コンプレッションウェアどんなもんかなと調べる。
今日の昼休みに国産のコンプレッションウェアを注文。
国が認めた医療機器の指定を受けている国産のコンプレッションです。
それはまた明日にでも。

タイトルとURLをコピーしました