新型パワーメータQUARQ ELSA RS発表 四本アーム対応へ

Quarqが新型四本アームに対応したパワーメーターを発売した。Quarq ELSA RSだ。今までと大きく違うのは、シマノチェーンリングの互換をうたっていることだ。

他にも新しい機能が搭載されており、こなれてきたパワーメーターとなったQuarq ELSA RSを見て行く。

スポンサーリンク

Quarq ELSA RSの特徴

大きな機能のアップデートはないが、現行のQuarq ELSAをさらに煮詰めた形になる。温度変化の補正機能や、IPX7の防水性能があり、30分間水深1mの水に浸しても動作に支障をきたさない。また、左右のパワーバランスも踏襲している。以下機能一覧。

  • 素材:Exogram Hollowカーボンクランク、アルミスパイダー
  • 誤差:1.5%
  • BCD:110 BCD (4-arm)
  • クランク長:170mm, 172.5mm, 175mm
  • Q-Factor:145mm
  • 対応BB:GXP, PFGXP, BB30, PF30, BBright
  • 無線:ANT+
  • Battery:CR2032(300時間)
  • Weight 616g (172.5mm, GXP)
  • 価格:16万

Quarq ELSAは成熟したパワーメータへ

QUARQもいよいよ成熟したパワーメーターとして地位を確立してきている。ただ、今回のラインナップにあるように、クランク長の選択肢は少ない。通常のELSAのクランク長のラインナップ。が大幅に変更になっているが残念だ。

せめてクランク長はいろいろなラインナップをそろえてほしい。ELSAのように162.5mm, 165mm, 170mm, 172.5mm, 175mm, 177.5mmといったようにだ。

ただ、そうとう技術が枯れてきたQUARQは成熟の域に達している。細かなアップデートを繰り返し、新機能Omnicalでチェーンリングの交換による、測定精度に影響を及ぼさない仕組みを取り入れたり、キャリブレーションは不要になったりと様々だ。。

パワーメータ市場が飽和してきている。そんな状況下で価格とデザインが洗練され、こなれてきたQUARQ ELSA ESは2台目買い替え需要を見込める製品といえる。