2016 関西シクロクロス りんくうC1

photo:辻啓様

こんちは。最近「CL1の妻のレースサポートでついでにC1に仕方なく出場しているITさん」という称号を頂きました。しまいには、次からレースサポートがメインやな!と言われる始末。元々、自転車経験がない妻ですが、私のレースを見てやってみよっかなーみたいな感じで始めたのが最初だと思います。

さて、自分のレースはというと得意のりんくうでは大失速。残留にも引っかからない順位で終えました。メカトラ無く、一度のコケはあったものの完全に体力が無くなってます。最近やっと練習メニュー消化し始めてきて、普段のトレーニングでも260W 15min x4や、300W五分程できるようになってきたんですが、なんかこの日は体がうまく機能しない。

スクワットも120kg 10x3setに戻ってきたもののどうもそれ以外の要素でアカン感じ。パワーではなくメンタルかしらと思うものの、いやそれもちゃうなと。少しばかり何がダメなのか、何を改善すべきかレース後考える。

スポンサーリンク

もどかしさ

単純に練習のボリュームが減ってる。普段の練習量で、だいたいこれぐらいやれば、どれだけ強くなるという感覚があるけど、今回は明らかに練習不足。なら、練習しろ!おわり。という結論。人間は恒久的に強くはいられない。だから谷があればまた山もある。

にしても今回ばかりは自分が情けなくて、悔しすぎて、ウムムと思いながら後半20分はよく覚えていない。情けなさすぎて、レース後すぐに足を回しつつ独りで走る。頭の整理だ。アカンわこれでは。なにより自分に負けたのが本当に情けない。いいのかこのままでよ。

なにより自分の走りが情けなくて、虚しく、憤りを感じる。自分に負けた事に対して、政治家がよく使う「遺憾の意」を発動だ。

唯一の救いは、コーナーコーナーで「ITさん」と応援してくれる人たちは本当に毎回感謝しています。次回のマキノはUCIのレースなのでラップされたら降ろされる。今年こそ完走したいところ。やるでよ。

いつかとか、今度とか、そう言うのはほんと嫌い。今、この時から。今日の夜からまたトレーニング。

いつやるか? 今でしょ! (宝島SUGOI文庫)
林 修
宝島社 (2014-05-08)
売り上げランキング: 26,710