乗鞍前ラスト1本全力走 十三峠

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

image

監督が我々に送られた「常に疑え!」を帰りの電車で読む。

合わせてカーロス兄貴の今季自己ベストに悔しさを覚える。

俺だってと明日に予定していた全開アタック1本勝負を今日に実施することにした。

目標は十三峠でわかる、乗鞍一時間ギリ目安の14分台なわけだ。


本気でタイムを出したかったので、ちょっと信号前から助走をつけていく。

最初の1分はカーロス兄貴は370Wだったそうだから、負けじと1分間は頑張る

序盤1分間 381.2W 6.6W/kg

もう東福井の朝練が羨ましいのと、ほとんど意地で登る。
2分間は案の定タレル。だが、あきらめません、勝つまでは。
序盤2分 354W 6.2W/kg

村上メカが、だめになりそうなときは叫べといったので、夜だから小声でクソぉおおとつぶやく。
10分間過ぎ 327W 5.7W/kg

本気で酸欠になる。
まじで、暗闇の中、意識が朦朧としていて覚えていないが、いつも中間地点のところは通常より1分30秒早くすぎる。

頭のなかで「安心するな!そこが限界じゃない!」と考える。
頭のなかに中二病が繰り広げられる。

限界など今日はないッッッッッッッッ!!!!!

そこからは一定ペースで登る。

もうタイムは見ない。
→みると安心する。

夜景も見えない。
→見ると一人て夜景なんて、、と思うし

フラフラする。

筋肉が悲鳴を上げるが、それは体が、体を守ろうとするサインらしい。

そこは幻覚の限界だ。

自分の限界ではない。
もっと行ける。

山頂の駐車場は見えるが遠い。

遥か彼方だ。

自己ベストは出るのはわかっている。

あとはどんだけ追い込めるか。

最後に監督の言葉が背中を押す。

あともう一上げ、あと10秒、あと10踏み。

千切れる前に、踏み止める前に。

限界を超えたい。

 

 

 

 

 

 

 
image

カップル満員御礼の十三峠山頂に1200ルーメンと400ルーメンのフラッシュストロボライトで奴らを照らしながらシャァァ!と悶絶しゴール。

ロマンチックな十三峠のカップルに、十三峠でベストを出すロマンを添える。

十三峠 15:00 317.5W フラット

1分短縮(体重2.5kg減)
5W程出力は下がったが体重が相当減ってる。

 

多分、この結果って、1ヶ月、2ヶ月の話じゃなくて、12月から4月まで地道に距離乗ってLSDとかやってたからなんじゃないかとおもう。その上でここ1ヶ月は高強度だった。

 

ここらで高強度は終了だ。

あとは回復させて乗鞍に挑もう。

自分のウィークポイントは、メンタルだということがよくわかった。

幻覚の限界をそこに設定してはいけない。

 

 

タイトルとURLをコピーしました