実業団舞洲クリテリウムE1

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

雨予報だった通り降っては止み、降っては止んだ不安定な気象条件だった。相変わらず決定力が無いというか、まったくかからない。全体の流れに奔走されている感じ。単純に力不足。チームは各カテゴリで入賞や、優勝等華々しい。私はただ出ただけのレースだった。

上の並んだ時の写真で気づいたんだけど、やっぱり体幹がやせ細ってるな。体幹よりも太もものほうが太いそうな。しかし貧相だ。2週間食欲が無く、勝手に体重が落ちていったのが原因だけどまぁ体調管理も強さのうちだ。

まつけん師匠は相変わらず強い。CXとMTBとローラーしかやってないと言っていたけど、ホントで殆どロード乗ってない。強い人はどの器具でも追い込めるのだな。ローラーでフィジカルを極限まで高め、MTBでテクニックを磨く。雨のウエット程度はトレイルのマッドコンディションからしたら「整地」なのだろうな。

かまやん兄貴の素晴らしいリードアウトみたかった。あそこまでできたら職人なんだろうな。まつけん師匠、かまやん兄貴の職人芸、てっちゃん、いのきん親分のスプリント、監督のレース感とE1の中で自分は一体何なんだろうなと疑問に思う。

私はいったい何がしたいんだろうと思ってしまったが、伊吹山に向けてもう少し辛抱だ。まぁ、焦らず行くか。伊吹山に向けてがんばろう。行き帰り自走でアクティブリカバリー70kmぐらい。

でもほんとに嬉しかったな。ゴール前にまつけんさんの名前が呼ばれているのを聞いて、後ろで思わず手を叩いた。両手放しは禁止なのでサッと戻す。こういう喜びを共感できるチームというものも悪くない。

スクリーンショット 2015-04-05 21.09.24

チームは暫定1位になったが、伊吹山では貢献ポイント取れるように頑張らないとな。なお、今回の舞洲クリテリウムの24周目でポイント賞をゲットするという春の珍事が発生。たまたまだけどよくわからんな。

タイトルとURLをコピーしました