2015 実業団白浜クリテリウム E1 1位、2位、4位、6位

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

自分は何にもできてないんやけど。実業団白浜クリテリウムは組織戦が功を奏した。個々の力はそれよりさらに重要。それらのお膳立てができたならこれ以上何も言うことはないだろう。明確なエースとアシストを考えレースを組み立てる。戦歴が多い先輩達が巧みに作戦を立てる。

私はふむふむと聞いているが、自分にはスプリント力もないし、人より何か強い能力があるわけではない。なので特に何か役立てそうなこともない。しかしチームとして現在トップなのでセコイようなチームプレーもできない。

所長やまつけんさんと話して自分はとにかく前方でアタックに乗ったりマークすべき選手をチェックするなど(できるかできないかは別として)のお仕事。引き上げることができればなおよし。ポイント周回になると途端に速度が上がる。

スポンサーリンク

E1レース

人数多いので変な走りはできない。アナウンスでも何人おるんや?という、アナウンスが入る。監督が先行して行く。ローリングスタートが終わってから順調に周回をこなす。やはりポイント周回は上がる上がる。本当に辛かった。

所長やかまやん兄貴の立ち回りがうまいなぁ。今日は周りがよく見えた。走ってる時はよく覚えてないんだけど、一周半くらいで回復する感じに。とりあえず、チーム員がポイント獲得しているのがわかる。淡々と周回数をこなして最終周回。

レースさばきと言えば所長。ホームストレートで所長が巧みに上がる。自分で判断するよりとにかく一緒について行く。コーナーを立ち上がり最終バックストレート。所長から指示が飛ぶ。とにかく引く。ゴール前のさばきは別の職人達に託す。

スプリント力が必要なレース、本人達の力が強かったのが一番だ。ただ、インタビューの時にチーム員のおかげとかそういう事を言ってもらえて皆嬉しそうだった。今回多くのメンバーが入賞できて何より。

こにちゃんは前日も優勝して、今日も最終周回頭取る。すごいわよ。まぁ、わたしはまた後ろの方でゴール。チームに何か出来たかいつも自問自答するけど、よくわからない。次に向けて頑張ろう。次はTour of japan併催の堺クリテかな。もっとパワーをつけてこう。次も頑張ります。

敗北のない競技:僕の見たサイクルロードレース
土井 雪広
東京書籍
売り上げランキング: 97,530
タイトルとURLをコピーしました