モーニングHG 徐々に上がってくる身体

スポンサーリンク

モーニングHGFへ。前日の高強度後に串かつとハイボール飲んでそのあとPCへ向かって仕事。。もはや眠くて仕方なかったが、折れない漢のいちゃんからLINE。実は初め断ったのだが、考える事5分。「行きます」と一言。選手たちの会話はそれだけで良い。

私はロードで一度も表彰台に立ったことがない。だから結果がほしい。願っても転がってこないから、だから練習する。その目標はお互いに同じなのかもしれない。結果が全て、努力は二の次、いや皆が努力している中でいかに結果を引き込めるか。正解はない。

100回叩くと壊れる壁があったとする。

でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、

90回まで来ていても途中であきらめてしまう。
松岡修造

つーことだ。

4:20起床、マヌカハニーのパン食べて4:50出発。到着するとH田氏、N氏、のいちゃん、いしとも氏。無言でスタート。途中H田氏が上げて死にそうになるも、気合と根性と夢と山頂ロマンを求めて逃げに出る。15-16分程単独で走る。後ろは2人のパックと記憶。

のいちゃん、H田氏のパックなので侮れない。恐怖を感じながら真っ暗な道を走る。冬の早朝5時は暗いというか、なんというか・・・。そのまま引き離して何とかゴールする。次のステージへ。先行は2人。正直パックになれば追いつけるという算段だったけど計画が狂う。

なぜか強調せず、無駄足を使ってしまった。途中でパワーが落ちるよりは淡々と刻んで、平坦区間で協調して踏んで、最後にもがいたほうが良い。はずだった。全員共倒れでゴール。くそー。追いついて競りたかった。そっちの追い込みのほうが大事だ。。。

続いて裏高山。ここはペースで登って7分きりを今日目指す。

スクリーンショット 2016-03-06 13.31.43

なんか早くスタート位置を押したような気がしたので帰宅して修正。ちゃんとカーブのところから。

スクリーンショット 2016-03-06 13.33.23

6:53 292W

途中平田氏の走りにやられそうになるも粘る。ブチっと行ったあとは一人旅。とにかく7分切りたいところだったので良しとしよう。そのあとはスタバに寄って帰宅。リカバリーして初戦の岬に向けて頑張るかな。体はいい感じで上がってきてる。これからサイクルモード大阪へ。