2017-18 関西シクロクロス C1 日吉ダム 10位(211%)

スポンサーリンク

今日はウイルス系か何かの病気後初レース。私もパソコンと同じで芝芝(←わざと)ウイルス感染する。結局風邪だったのかな。妻がピンピンしているところを見るところ、免疫力が落ちていただけなのかもしれない。体調管理は気をつけよう。というわけで日吉ダムへ向かう。

今日のコースレイアウトは、上って下ってを繰り返す。体調は1週間で60%ほどは戻ってきたが、元気が余りない。実は、パワー不足の原因は病気で3キロほど痩せてしまった。これが日吉にマッチしたのかは定かではない。気合ももう少し入れたいところ。。。

ウォーミングアップで回しても200Wかけるのが精一杯な正に体調不良。出場することも悩んだが・・・。やはり出ないことには何もわからないし、何も得られない。また1から出直しや!と、心に誓ってから、つらい1週間だった。んでレース。

スポンサーリンク

C1 10位(21%)

今日は気持ちを入れ替えるをテーマに走る。午後の試走の段階でDugastのタイヤをパンクさせてしまう。しかもノブがついた貴重なタイヤをパンクさせてしまう・・・。やってもうた。シーラントで塞がらないぐらいの巨大な切り傷を付けてしまった。もう直らない。

というわけでタイヤを前後「スリックタイヤ」というノブなしのツルツルなタイヤを使うことにした。。。あかんやつや・・・(/_;)タイヤを替えれば走り方も変えなくてはならない。芝を走らないとすぐ滑るのでライン悩む。試走の段階で、田口ボスと、岡先生の後ろにまた着かせていただき、ラインを勉強する。。。

と言うか、今日は田口ボスと、岡先生のおかげでツルツルタイヤでもうまく芝を走れた。自分が考えていたラインとは違う「芝残っているところ使うテクニック」を知り感動した。。。なんてことのない1つのコーナーだけど、目に見える泥の道を通るのではなく、一度芝まで言って、泥を直線的に入る。

今日のタイヤにはぴったりだった。たまに自転車以外で「自分の知らない知識」を得ると快感なのだけど、今日は田口ボスと岡先生のラインに興奮。アハ体験というやつやな。何か道のラインにゾクゾクするので、この競技は面白い。そしてなかなかそういうラインを思いつかない。

「シクロクロッサーの魅力的なラインに興奮する」

逮捕1歩手前です。にしてもおかげさまで、ツルツルタイヤでも今日のコース怖くなかった。もしかしたら怖いのはタイヤが滑るからではなくて、コーナーを思い通りに通過できない自分の技量不足かもしれないね。今日はツルツルタイヤでもいける自信がつきました。

まぁ、私のレース展開なんてものは今日もなく、ひたすら走る。タイヤ空気圧F1.7BAR、R1.75BARという感じ。スリックタイヤなのでスピードを稼ぐ方があってたかもだけど、グリップさせたかった。フロントは気を抜いたら滑って、抜けるから注意。

スタートから心拍上がらずズブズブと後退していってしまったが、次回のレース前はもう少し高強度入れてみよう。もう少し負荷がかかるローラーだといいのだけど。今日はコッシーがホールショットだった。最近スタートダッシュがラースに似てる!カコイイ。

最近、海外のCXを見ててもスピードコースで、むやみやたらなクネクネがなくなってきている印象だ。そういう感じで関西シクロクロスもスピードコースになってきてるのかな。何か昔56さんが、日本と海外のコースの違いを言ってたような。パックになる機会が多かったのもそういうの影響しているのかな。

去年よりも登らせないコースでよかった。まんべんなくレイアウトされ、微妙なコーナーが楽しい。次回は桂川。ラストレース。終わりや。

今シーズン現場で幾度となく助けられているネクストステージさんの島本さんと話してたけど、次の桂川で最後。あっという間やなぁ。正直、シクロクロッサーたちと走れなくなるのさみしいわ。どこかでみんなでパーッと飲みに行きたいもんだわ。

今日は応援がすごいよく聞こえた。先週の体調不良があったからだとおもう。本当に皆様ありがとうございました。「堺のリベンジ!」とか「今日は行ける!」とか。最近は森谷さんの応援がおもろいな。いつもありがとうございます。次回は千秋楽桂川。昨年は7位相性のいいコースだ!

来年はタイヤをチャレンジにする予定。

にしても、今年TEAM RINGOROADのジャージを表彰台5回上げてる女子、働いてるな!それもこれも、オフロードバイクを知り尽くしたRINGOROADのメカニックさん、壊れた機材をすぐに手配してくださる店長さんほんまありがとうございます。。。シクロクロスバイクも年中おいてますから。

やはり、メンテからオーバーホールまで、昨年に続き今年もノートラブル(エンドが飛ぶという非常事態はあったが・・・。)で桂川までたどり着けたぞ。最後、頑張ろう。ああ、終わるのさみしいなぁ。