関西シクロクロス 信太山C1 9位 photo:Etchant55

スポンサーリンク

1_large

関西シクロクロス信太山 午前写真

関西シクロクロス信太山 午後写真

photo:Etchant

前日試走しておいてよかった。当日の試走はコースがカオスになってたのでそのぶんアドバンテージあったはず。平地とシングルトラックが多いけど、本当に良いコースレイアウトだった。海外のコースみたい。流れを止めないスピードコース。ブリコクロスやスーパープレスティージュ見てるとほんとこんな感じ。

シマノの松井さんという方が監修したらしいんだけど、他のコースもこんな感じにしてほしい。ウネウネみたいな迷路なのは最近ほとんど見かけない。集団が綺麗にパックになって、駆け引きをしながら進む。実際のレースもそうなってたから、このコースレイアウトは正解だったんだろう。本当に良いコースレイアウトだった。

690_large

photo:Etchant

今年一番楽しいコース。来年も走りたいな。ただ最後までわからなかったのがタイヤの転がりの悪さ。水口を揃えて言ってたけど、、空気圧高めの方が良かったんかな。試走は岩井商会の方達と。明らかに今日はマウンテンバイク系の人が速いコース。レース前にライン取りや走り方を勉強。

にしても、、自分とは全く違うライン取りだな。そりゃ遅いわけだわ。レース前に良いイメージがついた。スタートは六番。すくみずさんのとなりに並ぶ。コールされるのには慣れないけど、やっぱり嬉しいね。今日は正確にラインをトレースすることと、前の人にしっかりとついていくこと。

DSC_4744_original

この手のコースの特徴はパックになってるから単独はかなり危険。ちぎれたらおしまい。集団のメリットはかなりある。今日はヨシクンが一番強そう。と言ってもついてけるわけないけど。前日にヨシクンとロード練習した時は、第一は5倍固定、第三ステージは6倍固定5min走 344Wという高強度だった。約6倍にしっかり収まる。

48365980_1047266598811049_915022140799975424_n

ロードなら、よしくんと一緒に練習できそうなのでこの冬楽しみ。にしても、レース前日にやるもんじゃねーな。実際第一〜第三まで30分しかゾーン入れてないけど帰宅したらTSS110だった。やり過ぎ感。

レースは先頭スタートが有利な感じだったが、脚とテクニックがある選手が追い上げてくる。大渕さんと比護くん。途中までパックで走るもなんか進まない。コーナーリングで離されていく。パックから脱落したらこの日のレース終わりだと思っていたが、そうなってしまった。

DSC_4722_original

photo:Etchant

レース中はなるべく岩井商会さんの安定したパックに付いていく。藤川さんの後ろにぴったりつく。ライン取りうまいし、、、極限の中で学ぶ感じ。この日はなんかよくわからんが、タイヤの転がりが悪い。。。みんなグリフォ系つかってたけど、なんか調子悪い。これはあとで考察が必要やな。

パックからちぎれて残りカスを振り絞ってゴールへ。あんまり良い走りはできなかった。9位。表彰台は遠いな。妻も妊娠中だったが、サイガハラと似てたから走りたかったらしい。階段セクションやドロのシングルトラックを走り回ってた。大丈夫やったんか。。。

DSC_5045_original

photo:Etchant

…。

カウベルにびっくりしたんかな。

とりあえず、次回のJCX頑張ってねと言われたので我が家は安泰かもしれない。

ひと仕事終えて、6ヶ月ぶりぐらいに飲む。あまり実感はないな。寿司食いながら遅い一人の夕食。時間あったので帰宅して、21:30から回復ですこし走ろうかなと。精神安定剤みたいなもんか。どんな時でも乗ったというよくわからん実績作りなのか。家でやることなかったからローラーやる。

誕生日おめでとう。

タイトルとURLをコピーしました