2018-2019 関西シクロクロス 第2戦 紀の川 15位

スポンサーリンク

一週間前に走ったコースはドライのサラサラ系コースに変わっていた。この日のボディゼッケンは5番。やばいところに来てしまった。その前に土曜日は、ツール・ド・おきなわ210kmに出場するクレイジーなメンツと練習することに。。。

紀の川前だったけど、我慢できない自転車乗りの性か。オキナワに向けて仕上がっているロード変態達をどこまで苦しめられるかが、私の最後の役目。HFを定刻スタート。この日は、トラック国体スクラッチを優勝した若者もくるとのこと。10分間のやりあいは負けるかも知んないけど、15分超えてからは多分いけるかなと思っていた。

序盤はいけちゃんが積極的。仕上がりを見たかったから(上から目線( ˆᴗˆ ))後ろについて様子を見る。にしても、後ろについてるとみんな結構危ない走りするなとちと怖い。集団が落ち着いてから前に出る。消防署からいけちゃんが上げてく。前はここでいけちゃんちぎれていたけど、力ついてる感じ。私が前に出て、引き始める。

350-360Wで淡々と残りの区間を引く。15分を過ぎていたから残りおよそ3-4分。体感的には持つ出力。いけちゃんが鬼の形相で食らいついてくる、、、とおもったら千切れそうになるので一旦ペースを緩めて回収して声をかける。

「いけちゃんとおきなわ前に、一緒に走れるのはあの峠のピークまでや。」

90年代のスポコン、弱虫ペダルの世界か。今年一年、開幕戦の修善寺から一緒に練習してきた。彼の努力も見てきた。涙も見てきた。あと3分耐えられないならやめてしまえ、と。ハナミズもよだれも息もやばい。20:30 298Wでまずまずのペースで登った。過去最高に追い込んでた顔だった。

「ワイは8割ぐらいで登ったから、まだまだやな( ˆᴗˆ )」と言ったら笑いながらまた泣いてた(ように見えた)。千切れそうになったら今のを思い出すんやで、と告げてツール・ド・おきなわ対策メンバーと最後の練習を重ねて、帰宅した。

昨年二位のマツケンさんも仕上がってるらしく、今年は楽しみだ。今、どこまでマツケンさんについてけるのか一度走ってみたいな。また、同じチームで走りたい。プロから戻ってこなきゃだから何年か先になるけど、それまでロードチームを引っ張ってきたい。

明らかに追い込みすぎてから紀の川へ。

スポンサーリンク

紀の川 15位

ロードだと、なんとかなるかもしれないけど、シクロクロスは借りてきた猫状態。どうにもこうにも行かない。フィジカルだけじゃダメで、パワーウェイトレシオよりも絶対的なパワーとテクが必要。この日は最前列。。。後ろの人に迷惑をかけなく無いと思い、しっかりとスタート練習する。

レース前日に662田口ボスとブリジストンアンカーの沢田時選手にスタートの悩みを相談した。オフロード系の人は本当に親切で、私みたいなよくわからん人にも丁寧に教えてくださる。文字で送られてくる情報と、youtubeの動画を見まくって、イメトレ。当日は田口ボスの直接レクチャー、そのごずっと舗装路で反復練習。

「後ろの人に迷惑をかけなくない」

という、よくわからん思いで練習した。スタート前は緊張していて、C1選手たちから「緊張しすぎや!」と。やめてくれ、はなしかけないで!と思った。カワベさんからは「松岡修造が言ってたんですけど、緊張したらアカンらしいですわ」と。まぁ、気楽にやろうと心を入れ替えた。

この日は、村上コータロー選手、よしくん、中井くんら強豪プロ選手多数(;´∀`)どう頑張っても勝てないから、とにかく序盤からどんどん行こうと思った。私に失うものはない。思いっきりやらなければ、得られないものもある。

いろいろあって、C1初のホールショットを取ってしまう。。。一周目奇跡の一番通過という超展開。田口ボス、トッキー、コッシーありがとう(´Д⊂ヽ。。。多分あとにも先にもシクロクロス人生のピークだと思う。二周目も中井くん、村田さんという間に挟まれて幸せな時間を過ごす。しかし、ここから黄金のタレが発動する。。。明らかにオーバーペース。

そして焦りからか、ミス連発。どんどん抜かれていく。先週よりもコーナーがうまくいかない。疲れてきてバイクをコントロールできない。しくったとおもったけど、パワーは落とさない。ただ、コーナーリングが絶望的にヘタで、遅れまくる。

途中、岩井商会さんの後ろについたけど踏めない。遅れる。この日はあかん。直線で追いついて休むの繰り返し。コーナーで離されて、ついにつき切れ。

60分5.03倍とでてたけど、なんか設定間違ってるかも。もはやヒルクライマーの領域に。というか、無駄多すぎ。やってらんない。下手くそすぎて泣けるわ。

レース後になんとまた伊澤選手からいろいろとアドバイスを頂いた。うれしい。まだまだ足りないことや、練習しなきゃならないことはたくさんあるけど、やっぱり楽しいなシクロクロス。もっと練習していきたい。やることは山積みだ。

この日もIRC SERAC CXチューブレスタイヤ1.4barで。高めにしたけどもう少し下げても良かった。次回は最前列スタートじゃないけど、良い経験できた。また一から練習していこう。応援してくださった皆さん、ありがとうございました。そしていつもいろいろ教えてくださるC1のメンバーありがとうございます。来週は落ち着いて走ります。。。

前半の応援が「いけいけ!」だったのに、垂れ始めてからは「たえろたえろww」に変わったのが面白かった。