機材・道具・インプレッション

スポンサーリンク
機材・道具・インプレッション

シマノ神対応 アルテグラでシンクロシフトついに対応へ

ついに旧型のデュラエース9070と現行アルテグラ6870がシンクロシフトに対応した。新型ファームウェアや、9070、6870自体のファームも合わせてアップデートされた。なお、既存のバッテリーのままでは使うことはできない。 アルテグラ シン...
機材・道具・インプレッション

MavicのOpen Proがエグザリット、ワイドリム、チューブレス仕様に大幅アップデート!

マビックの伝統的かつ、リムの代名詞でもあるmavic open proが劇的な進化を遂げた。同社のハイエンド完組モデルに搭載されていた、プラズマ電解処理のエグザリット加工が施されフルモデルチェンジがなされた。さらにリムプロファイルも大幅に...
機材・道具・インプレッション

最速のホイールシステムを探す旅。

夜勤明けで時間があったので淡々と単独走。いつもの杉尾コースを逆走してエンマカフェでゴールする感じ。今日はカフェマンナが休みなのでいつものルートを取られない。淡々と走るもののハンガーノック気味になりつつもアミノバイタルで補給しつつbcaa入...
機材・道具・インプレッション

ALPINAのハンドルが良すぎて悩む

国内ではほとんど見かけないALPINAのスプリトハンドル。380mm、リーチ90mm、ドロップ175mm、全部31.8mmというガチムチ系ハンドル。形状はシャロー(マルハン)海外のトラック選手が使ってるのを見て探してお取り寄せした。 これ...
機材・道具・インプレッション

10W以上の抵抗減! SACRA SLFチェーン インプレッション

「抵抗とは税金である。」私はひとつの結論にたどり着いた。自転車にまつわる様々な資料や論文から得た結論だ。私が抵抗を税金に例えた理由はいくつかある。そもそも汗水たらして稼いだお金は、国を運営する為に税金として徴収される。自分が働いて「発生...
機材・道具・インプレッション

群馬県エベレスト山岳隊が着用していた「ひだまり肌着」が40年も愛される理由

今から20年前を思い出してほしい。年代で言えば90年台の初めの頃だ。その頃、高機能な「あったかインナー」なんて代物を身に着けている人はいただろうか。ほとんどいなかったはずである。ところが現代はどうだろう。いまや高機能なあったかインナーを...
機材・道具・インプレッション

冬の雨の中、ジャージ一枚で快適に走る方法。

今週の堺は雨でさらに寒波が来るらしい。今のところマイナス二度という予報が出ている。ということは、だ。タイヤよりも何よりも「体力を奪われない」という基本的なことをに気をつける必要がある。前回の関西シクロクロスの希望が丘で痛感した人も多いは...
機材・道具・インプレッション

SUOMY イタリアのモーターサイクルメーカーが生み出すサイクルヘルメットとは

私たちは自分たちの手の届く範囲の中でしか物事の善し悪しや、ブランドの価値を成果に判断できていない。身近にあるもの、プロ選手が使用しているもの、知り合いが使っているものと、身近なものであればあるほど「良い悪い」を判断しやすい。その中で今回...
機材・道具・インプレッション

親が知らぬ間に子供用の自転車はここまで進んでいた

子供用の自転車をあなどっていたようだ。先日のレースの際に見せてもらった子供用のバイクはサイクリストのパパもうなる出来に驚いた。大人も欲しくなるその造り込みは子供用といえどなんら手が抜かれていなかった。 今回はチーム員の息子さんがマシン...
機材・道具・インプレッション

ベルメゾン が「天然素材95%」であったかインナー”ホットコット”を作った理由

最近めっきり寒くなってきた。あっという間に季節がうつり変わり、気温も下がっていく。季節が変われば、かならず衣替えをするわけだが、いつも身に付けるものや着るものに悩まされる。タンスをゴソゴソと漁っていくうちに、「そういや去年使った発熱...
機材・道具・インプレッション

ヒートテックでエベレスト登頂 実はドライナミックも下に着ていた

ヒートテックでエベレスト登頂―――。世界で一番高い山と言われた時ヒマラヤ山脈の最高峰エベレストの名前が思い浮かぶ。大人から子供まで誰しもが知る有名な山である。そのエベレスト登頂の際に「ヒートテック」が使われたというのだ。参照元記事:「エ...
機材・道具・インプレッション

ヒートテック極暖の速乾性は「綿以下」という実験結果

ヒートテックは冬の定番アイテムとして広く認知されている。街で着るにはたしかに暖かい。そして値段も安く入手もしやすい。ただ先般お伝えした、「ヒートテックを山岳ガイドが使わない理由」でも紹介したとおり、汗を大量に書くスポーツなどには向かない...
機材・道具・インプレッション

與那嶺恵理選手のCXバイクSPECIALIZED CRUXの実車が販売へ

photo:BIKE SHOP FORZA 與那嶺恵理選手が2015-2016 シクロクロスシーズン中使用した実車が販売されている。しかしただの実車ではない。與那嶺選手はこの「SPECIALIZED CRUX PRO CARBON D...
機材・道具・インプレッション

日本人向けのTTポジションを実現 DHクローザー インプレッション

「機材沼」の深さの根本的な原因は、ポジションと感覚との相違にある。確かにホイールの場合は軽いだとか、かかりが良いだとか様々な感覚で好き嫌いがわかれる。そして、自分自身が求めている感覚と機材がマッチすれば「良い機材」として使い続ける事にな...
パワーメーターインプレッション

【11/19(土)まで】新型デュラ用ペダモニ予約でサイコンが無償キャンペーン

ついに新型Duraace9100に対応したパイオニアペダリングモニターの先行キャンペーンもいよいよ今週11月19日(土)が最終日となった。しかし、問題は新型DURAACE9100が手にはいらないことである。実は当ブログにも幾つか問い合わ...
機材・道具・インプレッション

シクロクロス機材の要はタイヤ

まさにアルティマウエポン的な組み合わせ。試さねば自分の言葉で書けぬと思い、リム幅28mmの新型ENVE CX超ワイドリムにデュガスのチューブラーを付ける。まぁ、言ってしまえば正直な所転がり抵抗はチューブレスのIRCシラクのほうが大変秀でて...
機材・道具・インプレッション

これは便利!フットマックスシューズカバーはクリート穴がポイント

季節の変わり目から冬序盤に活躍しそうなFOOTMAX(フットマックス)のロードバイクシューズカバーを購入した。今まではディフィートのシューズカバーを使っていたが、実際使ってみるとこちらのほうが圧倒的に良いという結論に。その理由は後に記す...
機材・道具・インプレッション

【これは快感】イナーメリカバリーツールが安いのに効果が高い件

マッサージオイルのイナーメよりマッサージ用のツールがリリースされた。早速自分自身の体を題材にしてその効果を試してみた。私の家には「ストレッチポール」だとか「フォームローラー」のたぐいはあるのだが、今回紹介する「イナーメリカバリーツール」の...
機材・道具・インプレッション

元ダイソン技術者が開発した自転車用ビブパンツREDWHITEとは?

海外の大手ニュースメディア「road.cc」というサイトがある。日本とは比べものにならない位、海外には数多くのサイクリストが居るわけだが、その中でも特に多くのユーザーから支持を集めているサイトでREDWHITEというビブパンツがユーザ投票で1位を獲得した。
機材・道具・インプレッション

Impression of the GT-Roller Flex 3: Rollers with an excellent design concept

Even at risk of being misunderstood, I must say that when selling a product, I have been made to feel that the “way it is introduced,”
機材・道具・インプレッション

GT-Roller Flex 3 インプレッション 優れた設計思想を備えた本格ローラー

誤解を恐れずに言わせてもらうと、製品を売る際「プロモーション」や「販売促進活動」といった「見せ方」の部分はとても重要な事だと思わされる。いまさらなぜそんな事を私が言うのか?と不思議に思われるかもしれない。その理由は今回紹介するGT-Ro...
パイオニアペダリングモニター

【速報:シマノより先に!】新デュラ対応パワーメーターをパイオニアが年内発売か

新型DURA-ACE(9100シリーズ)対応のパワーメーター第一号機は、一足お先にパイオニアのペダリングモニターがその座を奪ってしまうかもしれない。新型DURA-ACE9100にパワーメーターが搭載される事は以前お伝えしたとおりだが、こ...
MTB

SDA王滝100kmの準備をするよ

この時期になるとオフロード走りたくなってそわそわして来る。ロードも良いけど、気分転換に山に入るのは楽しい。シクロクロスにもつながると思ってる。というか機材が楽しいんだけどね。今週はセルフディスカバリー王滝100kmにエントリーしたので出場...
機材・道具・インプレッション

TIMEの系譜はどこまでも

時代が変わっても美しい物は、この先も美しさを保つのだろう。絵画のように何年も後世に美しさを魅せ続ける。時代のスーパースターが操ったのも理由かもしれない。このバイクは弱ペのマキちゃんのバイクではなく、ベッティーニの。 そしてトム・ボーネン...
パワーメーターインプレッション

新型三世代目 Power2max NG(Next Generation)登場

二世代目でパワータップとほぼ同じ測定精度を叩きだしたPower2max type2であるが、その三世代目が満を持していよいよリリースされる。新たにリリースされる三世代目は"NG"と名付けられた。すこしネガティブな表現かもしれないが、NG(...
機材・道具・インプレッション

TIMEというフレームは実家である。

TIMEは実家みたいなフレーム。ある日突然帰ってみたくなる。要するに使っていて安心感がある。どこか居心地の悪い親戚の家、いや人の家で一日も過ごすのはどこかしっくりこない。実家の慣れた雰囲気でゆったりとリラックスする、タイムにはそんな不思議...
機材・道具・インプレッション

今月号の自転車雑誌に見る懸念感

今月号の自転車雑誌に軒並みTIMEの特集が組まれていた。タイムの作りの良さや、その輝かしい戦歴の中で何台もの名車を生み出していた。ベッティーニ、ボーネン彼らが乗ったVXシリーズは当時のフレームの最先端を行っていた。 そのフレームが昨年再販...
機材・道具・インプレッション

11年の時を経て、走る伝説「TIME RXR CHRONO」が今蘇る!

タイトルをもう一度ご覧頂きたい。「11年の時を経て、走る伝説「TIME RXR CHRONO」が今蘇る!」だ。どう見ても筆者は中二病である。しかし、わずらってしまう程にTIME RXR CHRONOは当時のサイクリストを魅了した。話を2...
機材・道具・インプレッション

MAVICが秘密裏に40本作成か 謎のホイール 「オリンピックイオ」とは

四年に一度のリオオリンピックが盛り上がる中、彼らが魅せる走りに魅了される。数年前と違い、テレビで放送されにくい自転車競技もオンデマンドで全て見られるようになった。そんな競技の駆け引きも目を引くが、四年に一度の世界の祭典で使われる機材も特...
機材・道具・インプレッション

今こそチューブレスタイヤの闇を語ろう IRC FORMULA PRO インプレッション

「チューブレスタイヤは面倒だ、だからもう使わない」こんなサイクリストは日本にどれ位いるのだろう。少なくとも私はそのうちの一人だ。ビードを上げるのに苦労し、気付かないうちに空気がダダ漏れして、結局最後はクリンチャータイヤの方が良いじゃない...
スポンサーリンク