比叡山ヒルクライム E1 総集編 17位

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

image
image

image
image

ヒルクライム職人たちに立ち向かう日。

7時スタートなので家を夜中の3時半にでる。前日は緊張して8時過ぎに寝る。ちょっと今週はナーバスになりすぎていた。いろんな人に心配と迷惑をかけたかもしれない。すみません。

平田氏が迎えに来る。
電話がかかってくる。

『アニョハセヨー!!!』

朝からヤバい(;・∀・)
平田氏いつもありがとう。

現地につく。アップを始める。
前日は、いつもの秀逸マッサージ師こりとるぷらす新石切店のアラマキさんにマッサージしてもらう。
チェーン店では当たりのマッサージ師さん。

疲労回復オイルを塗る。
去年から大事なレース前には毎回お願いしている。健康についての知識は僕よりもある。いろいろ聞くといい。
まじでおすすめ。
もし行くなら指名していただいて、FJTさんがお世話になってすみませんと言っといてくださいw

現地でローラーを回す。
上がらない。上がらない。不完全燃焼で終了。

スタートへ。
K味さんに、膝の調子を見てもらう。やっぱりテーピングのはり方が甘いらしい。膝が気がかりだし、減量でふらふらでパワーでないし、メンタル崩壊してるしで、もうあかん!ってたまらずスタート前言ったら、H田兄さんに、目をさませ!とビンタされ目が覚める。

闘魂注入されたところで、なんか登れる気がしてくる。

スタート。

足がよー回る。先頭集団は徐々に離れていく。コースはわかってるからペースで登る。

7割位いったところで、平田兄さんと、もう一人が見える。後ろに何人か着いているのは気づいていたが気にせず登ることに。平坦区間にいくまでにじわじわペースで積めていこうと思って、平坦区間間際で追い付く。

三人で回していけばエエわ~と思ってたらすげぇいっぱいつき位置が居たことにビビる。ここまで一回も前に出て来なかったから、完全つき位置で先頭固定だったのか。私はアホなのか、全く気づかず一生懸命いつものペースで登ってきた。
この三名ならこの時点で、12-15番手。
このあと平田兄さんに『余計なの連れてくんなアホか!』と怒られた(笑

平坦区間に入ると、E2の熊野で一緒に走った彼と、平田氏回してくれる。でも後ろに何人もいるのはこの時点でも気づいていなかった。

もしかしたら平坦で追い付かれたのか?最後はゴールスプリントになりズブズブ抜かれる。万事休す。17位

敵チームアシストしてどないすんねん!と怒られたが(笑
まぁ、しゃあない~。

次はもっと考えて走るぞ。

そのあとは比叡山延暦寺に参拝。
参加費が十分もとがとれるレースであった。

あーあ。

後悔ばかりが残るレースだったが、案外登れて良かった。

当初六点取りに行く予定が誤算の20点。E1のヒルクライムでポイント取れるなんて思ってもみなかったから単純に嬉しい。

ゴール後コーヒーマンさんとお会いしてお話しする。励みになる。

これからもがんばります。

某氏から目が覚める、検閲入ったので不快な顔も知らない誰かから来たホイールに関する中傷メールに関連した文章は消しました。
多分のむさんは、そういう意味で言ったんじゃないと思う。

あと、blog閉めろとか言われても閉めませんよーん。

今は、前半戦の締めで熊野で頑張って走って結果を出そうと思います。

タイトルとURLをコピーしました