力を入れずに力強く。

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

今日もローラーハム太郎。ハムはハムスターのハムでなくハムストリングのハムだ。どちらかといえば、ハムスターの方がしっくりくるが。今日も3本ローラーの上で昇天すべく。弱虫ペダルをアマゾンプライムで無料視聴する。アマゾンヘビーユーザーの私としてはかなりお得だ。

関連記事「弱虫ペダル全話をアマゾンプライム無料期間で見られる件。

修善寺でパーマ先輩と無口先輩とのゴールスプリントに涙しそうになる。少なからずロードレースをやっているなら感情移入してしまう。気持ちで勝っていても、努力をしても、勝者は一人。努力や頑張りは勝者を決めない。それ以上でも、それ以下でもない。

ゴールスプリントへ向けて出力も高くなる。10min 260Wやって終了。L3 11min、L4 5minトータル30minしか乗れなかったが、限られた時間の50%を目標強度に突っ込めるのはローラーの特権か。そのかわり、死ぬほど辞めたくなる。もう、辞めたいと思うが、その時なぜ辞めたいのか考えた。

心肺機能はそこまで来ていない。かわりに乳酸が吹き出る。この時いくらか太腿の筋肉を解放しつつ、かつ回す。伸縮していた筋肉を解放するという感じだろうか、骨についている筋肉を外へ外へ広げるような感覚。すごく文章にするのが難しい動きだ。こうすると、入門用には力まず動かせる。

大きなパワーをかけ続けるには、意外と「脱力」しなくてはならないのではと最近思う。こういう小さいがとても重要な「自分との会話」はより注意深く、より繊細に体を操作する。最後の1分は下ハンでもがく。まだまだ上がらないが、コツコツと深く深く地に根を生やし、より高い強度へと移行していこう。

今週で「オフシーズン」がいよいよ終わりを迎える。振り返ってみて、後悔はしなかったか。地道にコツコツやるしかない私のような凡人が、才能のあるライバルたちとせりあえるのか、これからのシーズンが待ち遠しい。

凡人として生きるということ (幻冬舎新書)
押井 守
幻冬舎
売り上げランキング: 123,947
タイトルとURLをコピーしました