チャリダー11月10日(土)の放送に出るらしい。

スポンサーリンク

(´;ω;`)ほんま関クロええひとたちや〜。

多分、シクロクロス人生のピークか。岩井商会の方々や、スクミズさんも笑顔だった。関クロはあたたかい。ロードでやさぐれた心を泥が浄化してくれる。トップシクロクロッサーたちと並べる日が来るとは。しかしまぁ、走るとついてけないわけで。

あらゆる面で技量が足りないと感じる。もはや経験と練習を積むしかない。にしても、フィジカルだけでは勝てない。ただ、フィジカルないと走れない。というわけで今日もメニュー。ロードシーズン中のCTLは130をキープしていた。

かなりの量だけどやり方を間違えなければ、維持できる。二ヶ月に一回のFTP測定は必ずやるようにして、狙ったゾーンをしっかりと外さないようにトレーニング。沖縄、修善寺、美山、秋吉台と何とか表彰台に乗って成績を出せた。かなり遠回りしたけど、どうやったら力がつくかやっと理解できたのが今年。

思うことは「基本的なことを愚直に続けること」あたりまえのことを、あたりまえにやること。ここ3年ほど、新婚旅行に言った日以外は毎日ローラー乗り続けてる。歯を磨くように、息を吸うようにローラーをする。インターバルやり過ぎても死なないから、追い込む。凡人に許された最短の強くなる道は、日々あたりまえのことを、継続すること。

パワーの考え方も変わったパワーは「どれだけ出せたか」ではなくて「どれだけ、何回出せたか」が重要だと気づいた。

150-200kmの練習をして、最後の残り2-3kmの上り一発で5-6倍をかけられるか。そういうスタミナとパワーが必要だと思う(ロードは)。レースでは250Wを60分維持するような体力よりも、400Wを何発も繰り出せるほうが強いんじゃないかと思う。あと、距離を走る練習は無駄だという人がいるけど、それは少し違うと思う。

フィジカルを高めるには、あたりまえのことを、あたりまえにやる。今日もメニュー。曜日を見るとそのとおりのメニューを勝手にやり始めるようになった。そういや、最近ワウトのメニュー見てたらやっぱり内容はほとんど変わらなかった。違うのはパワーだけだ。

エンデュランス、インターバルまんべんなく。これからも続けていこう。そういや、11月10日(土)のチャリダーの秋吉台カルストロードにちらっと出るらしい。今年最後のレース。優勝するつもりで挑んだけど、最後は力負けして、四位だった。NHKのページに一周目が終わって生き残った10人ぐらいの集団が写ってる。

かなりリストラが激しいサバイバルレースなので見てておもろいと思います。今週末は18時にチャリダー見るのが楽しみだ。