【悲報】GP5000TLはCLよりも性能が悪い実験結果が公開される

スポンサーリンク

Image: Aero-coach.co.uk

新型のコンチネンタルGP5000に大変な注目が集まっているが、チューブレスモデルの実際の性能は不明だった。そんな状況の中海外のレビューサイト「Aero-coach.co.uk」に興味深い実験データーが公開された。GP5000の25cタイヤにおいてCLとTLを比較すると「CLのほうが転がる」という実験結果だった。

公式の見解とは異なるが、これが事実だとすると全く逆の結果になる。実重量を考えてもTLが300g、CLが200gだ。重量差を考えるとCLのほうが有利になる。そしてCLにsoyoのラテックスを使えば、さらに軽く、さらに転がり抵抗を軽減できるだろう。

コンチネンタルユーザーの最適解は、TTにsoyolatexの組み合わせは揺るがない。ただ、耐パンク性能やグリップを考えるとgp5000とsoyo latexの組み合わせが現実的だ。

ソーヨータイヤ(SOYO TYRE) ラテックスチューブ LATEX TUBE W700×23~~25C 仏式
SOYO TYRE(ソーヨータイヤ)
売り上げランキング: 47,770

チューブレスタイヤの情勢は、ほとんどのメーカーが、転がりを優先させて気密性を犠牲にしつつも、シーラントでまかなう「チューブレスレディ」がほとんどだ。軽さと転がりを優先させればチューブレスレディのほうが優れている。今回GP5000のチューブレスタイヤに期待していたが、まだまだGP5000のクリンチャーモデルの地位は揺るがなさそうだ。

Continental(コンチネンタル) Grand Prix 5000 700x25C ロード用クリンチャータイヤ
Continental(コンチネンタル)
売り上げランキング: 8,071