レックマウントのインドアワークアウトマウントが便利すぎる・・・。

この記事は約6分で読めます。

インドアでワークアウトをするようになってから、「スマホ」と「サイコン」の組合わせが欠かせなくなった。たとえば、ZWIFTを便利にプレイするためにはスマートフォンにインストールしたコンパニオンアプリを操作する必要がある。また、サイコン側ではログ取得や表示されるペダリングの情報を見たりと、それぞれのデバイスを併用しながらトレーニングに取り組むことはあたりまえになった。

これらのデバイスを快適に使用することを考えた場合、ハンドル周辺にデバイスを固定するためのマウントが複数必要になる。さらに、デバイス毎に専用のマウントを複数用意する必要があるため、ハンドル周りのレイアウトが煩雑になる問題があった。

また、実走とインドアでバイクを共用している場合、実走ではスマホのマウントは不要になるが、インドアではスマホのマウントが一時的に必要になるという手間もあった。このような問題から、マウントを付け替えるのも手間をできるだけ減らし、かつハンドル周りをスッキリさせるために良い方法が無いかと模索していた。

ひとつの答えとしてたどり着いたのは、レックマウントの「インドアワークアウトマウント」だった。

今回の記事は、レックマウントのインドアワークアウトマウントがあまりにも便利すぎて、あらゆる悩みをすべて解決してくれた感動のデバイスであったためレビューを行った。単純に「スマホとサイコンを縦一列に並べるマウント」なのだがどう考えてスグレモノなのだ。

インドア用マウント

タイトルとURLをコピーしました