関西シクロクロス 堺C1 最下位

たぶん、こういう結果の時こそちゃんと書いておかないと(本当に書きたくないんだが・・・。)と思う。来年の自分に読ませたい。

こんなこと起こるんやなぁというのが率直な感想。途中で降りようかと悩んだが、完走を目指す。希望が丘から調子が上向き、強度も上げて練習できていた。今週は平日285W 25min x 2とかできてパワーコースの堺は正直いけると思っていた。関クロの堺ステージで上位行けなかったら、どこで行くねんという気合。平坦だし、スリッピーでもない。砂や砂利もしっかり練習してきたから不安はない。

先週妻の実家に行ったときに、「ぜひ堺は見に来てください!」と自信満々だった。妻の両親も楽しみにしていてくれてたみたいだから、余計に、、、はぁ。

結論から言えば、金曜日に体調を崩して土曜日は午後から寝込んでいた。それでも無理に暖房つけてローラーして逆に冷えたのかも。インフルエンザではなかったが、医者から処方された薬(※レースで使えるもの)を飲んで挑む。ただ、からだが思うように動かないし、着込んでも寒い。食欲はあって風邪ではないようだが、またウィルス性の何かか。

レース展開なんてものはなく、後半は、誰も居なくなったコースで応援してくれる妻の両親に申し訳ないと思いながらも踏むも、体が痙攣し始めてきて、最後には胃が痙攣してた。はじめ心拍が異常に上がっているのかと勘違いしたが、胃だと思う。息ができなくて、苦しかった。

最終周回ピット横のクランクのところでボーっとしてしまい、気づいたらテープと杭が目の前に来て落車。一瞬何が起きたかわからなかったけど、肩と頭打ったみたいで半分意識飛んでる。あかんと思いつつも、最後まで諦めないで踏む。でも力でないな。

今日のランキングは12位だった。今日の結果で、TOP10は難しいかもしれないが、最後まで何が起こるかわからない。頑張ろうともう。僕も変わったのかな。スタート前も「風邪気味なんです」って例年なら弱音を吐いてたけど、今日は違った。レースシーズンは10月から2月まであるから、体調管理に気をつけていただけで申し訳ない。。最後尾でゴール。次はもっと後ろからだな。

妻と妻の両親にも心配をかけてしまった。良いところを見せたかったが、なぜこんな時にと帰り道で悔しさがあふれる。ただ、過ぎたことはしょうがないし体調管理は自業自得だ。悔しさと、虚しさが残るレースだった。最終走者だったけど、最後まで残って応援してくださった方ありがとうございました。

日吉は登りなので次こそTOP10に入るぞ。こんなことで絶対に諦めないぞ。