懲りずに乗鞍

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

乗鞍に向けて調整してきた。
来年も出たいから記録として残しておく。

体も完全に回復して、全く問題はない。事前の十三峠のタイムは良かった。

今回こそはと、意気込んで挑む。
前日は一時間ほど回す。雨も雷もやまず、開催は難しいだろうなと思っていたところ。

朝になり15kmに変更になる。
開催されたことだけでもありがたいではないか。

スタートは二列目。
去年は自分自身のペースを上回る感じで後半垂れた。だから、序盤からペースで行ったが、思い返せばスタート時点で今回の乗鞍は完全に終わっていた走り方だった。

辛くもなく、たんたんと登る。
ペースで。

これがいけなかった。

心は折れなかったが、ヒルクライムって、走り方わかんないな。集団についてけるところまで行って、あとはペースの方がいいんだろうか。

タイムはいつも走っているメンバー基準で2〜3分遅れ。

Time遅すぎだった。

まぁ、これが今の実力だろうな。

正直、練習しても報われないことの方が多い。

でも自分よりも素質や能力がある人がさらにその上に努力を重ねている中で走るんだから簡単ではないよな。

少し充電しよう

タイトルとURLをコピーしました