淡路島一周一人旅

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク


淡路島行ってきました。
写真は特にないです。

本当はTINNENとUCCHIといく予定だったのですが、まあ一人になりました。
いつもより一本遅めの8:25のたこフェリーで岩屋港に。リアブレーキが変だったので、ワイヤテンションを調整、六角レンチ持ってきていてよかった。少しがちゃがちゃしてから9時くらいから走り始めました。

9月にももしかするとみんなで宿泊旅行するかもしれないので、何キロ地点に何があるかをある程度見ながら走行。
休憩は20kmごとくらいで取ることにして走ります。

最初の山はだいたい岩屋から45kmくらいからなのですが、暑さのせいか全然足が回らないです。とりあえずもっさりもっさり登って降りて由良方面に抜けた頃には既に疲れていました。妙に呼吸があらいのは水分摂り過ぎたせいかもしれません。ちょっと口と鼻がしびれてる感じ。
やな感じだったので、モンキーセンターを抜けたあたりにある自販で お茶とCCレモンを補給(完全に水分摂り過ぎです)
最初の20kmでおにぎり、40kmでウィダーイン、60kmでウィダーインと取っていたのですが、暑いときは無理にでも固形物とったほうがいいなと思いました。
もっさりもっさり進んで80km南あわじ。ここのコンビニでおにぎり二つ購入。だけど1個半で吐き気がして食べられなくなりました。
近くで少しぼうっと休憩。ちょっと頭がまわる。気持ち悪い。しかしまああまり休憩していてもよくならないのでゆっくりでも走ろうと走り始めました。
90km地点、一年前に泊まった旅館付近を抜け100km付近で休憩。この辺りから同じように淡路走りに来ていて、かつサポートカーとサポートバイクがついた集団に出会う。
平地で抜かれて山で抜き返して、また山に差し掛かったときに(平地はしんどいけれど山はなんかリズムにのって登れるので平地より楽な謎の僕)大外からぬこうとしたら足がつりました。

というか南あわじ辺りから、足を伸ばせば大腿四頭筋が、踏み込もうとすればひらめ筋がつっていたのですが、その最たるもの。
一瞬吊った程度なら、力を込めずに落ち着いて回転させれば痛みが引くのですが、この時の吊った感覚は回しても戻らなくて常に痛い状態。危険なので降りました。

しかしまあ、大腿四頭筋、及びほふく筋がつるってことはその筋肉を使っているわけで、ハムストリングスと大殿筋は使えてないってことだなぁと反省。ちゃんとしたペダリングができない僕は抜かれればいいーとか思いながらもっさもっさと走る。

140km付近。もうぼろぼろ。足痛い足痛い。呼吸は心拍数あがらないくせにぜえはあ言ってる感じ。この心拍数あがらないのにあがったときのような辛さがわからない。
明石海峡大橋がみえてからはちょっと振り絞って、フェリー前は足つる覚悟で一応スプリントかけてゴール。
時速30kmでいければ15時にはつくかもね!まあゆっくり25km平均でも16時だね!とたかをくくっていたのですが、実際は16:10に到着でした。

16:30のたこフェリーにのって、電車で帰ってきましたとさ。
で、一日あけた今日は朝から自転車のお手入れ。中性洗剤であらって乾かしてラスペネふっかけてオイルふっかけて。
昼からは、ちょっとだけ用事で自転車乗ります。
また練習して、淡路は出直そう。

タイトルとURLをコピーしました