3DAYツールド熊野最終日 大地ステージ

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

悔いはない

3日目の朝が来た。怪我なく終われることを願い出発する。今日は自分のために走ろうと決めていた。走る前までは。監督に今日のプランを聞かれる。着に絡む走りをすると。

スポンサーリンク

レースE1

今回は漁港に入るのでそこから一列になる。1、2周目はそこまで上がらず。たんたんと踏めば、登りで前に出られる。やはりステージを重ねるごとに調子がどんどん上がって行く。三周目、トンネルを過ぎたあたりからミッチーがちょっと上がった。

直角コーナーに入る前に一列棒状になる。相当前にまつけんさんてっちゃんがいる。とにかく前にでなくてはと全開で踏む。漁港を越え最後の登りに。まつけんとてっちゃんに勝ってもらいたくて、そして集団を登りで伸ばしたく引く。

昔、銭原ループで登りでも後ろにつくと相当楽なパワーデータをまつけんさんと実験で取った。だからめいいっぱい空気を受ける体勢で進む。今日のMYゴールは3周目のKOM。まつけんさんと1位、2位通過する。

ダラダラ登りに入るとホンダさんがやはりついてきていた。まずいと思ったが、他のメンバーはおらず、てっちゃんのみ。気づいたら本日のプランは忘れていた。そんなもんだろう。やりたいように走った方が楽しい。

自分はそっちの方が生に合ってるのだろう。無意識に最終回の突っ込みも行けた。

まつけんさん四位、てっちゃん2位。自分はあそこに立てなくとも、本当にチーム員が立ってくれると嬉しい。最終周、酸欠ぎみになりクラクラしてたので下りはゆっくり行く。ゴールまでが長い。

ゴール後監督が何かいいながら、水をかけてくれた。でも耳から入ってこず何を言っているのか今でも思い出せない。反対車線からマツケンさんが来る。なんか三日間良くわかんないけど、このチームメンバーで走れて悔いはないと思った。

なんかよくわかんないけど、歳をとると涙腺が弱いようで、涙腺崩壊しそうになりそうだったのでサングラスは取らなかった。

現場にいないとわからない、集団にいないとわからないドラマがある。

去年は最終スプリントでまつけんさん、いわおさん、私で競った。今年は順位は散々たるものであるが、昨年よりも達成感や喜びは大きい。

自転車とは、不思議な競技である。

ここで、少し休もうと思う。ここで少し体を休める。チームメンバーとゆっくり遊びに行ったり。飲みに行ったり。熊野で一人も大きな怪我なく終えられた。それもまた嬉しい。

今回個人的な収穫は、熊野前に相当走り込んでいたのにもかかわらずパフォーマンスは三日目が一番良かった。熊野三日目は事実上の第七ステージ。

これも一つの調整方法の好例だろう。昔ステージレーサーなんて呼ばれた頃もあったが、やはり日に日にパフォーマンスは良くなって行く。やはり三日目は好きだ。

三日間お疲れ様でした。また辛い練習をみんなでしましょう。

[2CS] 尾鷲名水 熊野古道水 (2L×6本)×2箱
あさみやマーケティング
売り上げランキング: 1,440
タイトルとURLをコピーしました