のむラボからのハイボールハマへ

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

レースの前半戦が終わった。食べ物など気を使っていたし、飲みにも全く行かなかった。というわけで、月曜のむラボの帰りにとあるイケメンサイクリストが営む「ハイボールハマ」へ。ハイボール一本勝負。ロマンがある。

ハマさんがキシリウム125をもてあそぶ。巧みなテクニックにベアリングも回りがいいぜ。今日はホイールの話に話が咲く。ハマさんのマシンはピナレロのドグマにRacing Speedだ。乗り物もヤンチャだぜ。

機材を楽しむサイクリストではなく、レースに出てる。この日はボーラウルトラとボーラワンについて語るハマさんの自転車好きには感服する。ある、駆け出しのサイクリストへホイール相談に乗っていた。ハマさんの相手の立場な立った的確なアドバイスは、私にはできない。

今週金曜日行きますね。ツールが始まったら、入り浸りそうで困る。なかなか飲みながらレース見られる店ってないよな。オシャレな酒瓶の下には、高岡さんの著書ロードバイクが置いてある。ここまできたら、もうハマさんの説明は不要だろう。

高岡さんの本の感想は『レースに勝つための最強ロードバイクトレーニングを読んだ感想
を参照して欲しい。
北浜ハイボール ハマ

火曜は家でご飯。夏のボーナスが出たのでナス料理。とても美味しかった。ナスはイイな。夏を感じる。ナスとひき肉の料理が実は好きなんだ。

水曜、一人で流そうと思って舞洲へ。RSOさんと混ざってしまったのでとりあえず前を引いておく。かけずにたんたんと。と思うとコータロー兄貴が。二周ほどして別れる。その後、帰り間際遠くから私を呼ぶ声が。

久しぶりにY部さんと会う。タロコの写真を見てはいたがやはり絞れてる。帰ろうと思ったけど三周だけ走る。にしても、やっぱり速い。必死でついて行く。昨年は乗鞍チャンピオンクラスで漢逃げかましてもなお二位だったが、今年こそ優勝期待しています^_^

練習してる時は難しいこと考えずに強い人と走る。それにつきる。

やはり、ケイデンス高い。多分90-100rpm。コンポがred 11speedだった。

翌朝木曜日朝。十三峠へ。カーボンクリンチャーの決定版といっていいほど気に入ったホイール。ただ、使った感じタイヤは23cが合わない。

  • gp4000s 23c
  • turbo 24
  • race a 25c
  • mavic 25c

多分感じ的にはマビック結構優秀。turboはヘリがはやくて、常用はそうとう厳しい。実は自転車ってホイール、タイヤ、チューブ、空気圧、フレームの順番で重要なのではないかと最近思う。この辺も別途考察したい。

わりとサイクルサイエンスに書いてあるんだけど。空気じゃなくてヘリウム入れる話とかね。面白いから読んで見ては。

サイクル・サイエンス ---自転車を科学する
マックス・グラスキン
河出書房新社
売り上げランキング: 149,107
タイトルとURLをコピーしました