2015 新潟ヒルクライム前 登坂練習 290W 5.08W/kg

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

別件で実家に帰省がてら、用事を合わせて今年も新潟ヒルクライムへ行くことに。幼少期を過ごした実家の近くで行われる大会とあって楽しみではあるが、ヒルクライムのような罰ゲーム(私にとって)に近いレースはそもそも無理に出る事もなかった。ただ、小学校の遠足とかで登った山とありなんとも感慨深い。

大阪から新幹線で東海道を抜け一度東京に出て、そこから上越新幹線で燕三条へ。往復4万の経費がかかるがこういうのは金では買えない思い出になる。むしろ泊まるところとかメシとか駅の送り迎えを考えると、イーブンなのかもしれない。

ところが大事な時に風邪を引いた。先週の雨の宮田の時に絞りすぎて57.2kgと免疫力が落ちてたのかもしれない。もちろんパワーもでなくてクリテは踏めと踏めど前に進まない。やはりある程度の体重は必要だ。あれから一週間毎日食っても消化が悪いのか体重は増えず。なんて羨ましい悩みだ。

ただ、不思議なことに峠のパワーは落ちていない。多分L5とかL6の世界のインターバル的な爆発力がなくなってる感じ。土日レース後、続けて月、火、水と280W〜290Wで登る。

水曜日 290W 15:55 5.08W/kg

いつもの290Wぐらいと違うのは上体やブレる体感を抑えてリラックスして登れている。ハンドルには手を添えるだけだ。このほうがダイレクトに力が逃げずに踏める。教えてくれたのは過去に乗鞍年代別を制した漢。わざわざYoutubeでお手本の動画を送ってきてくれた粋なやつだ。

今年はもう新潟ヒルクライムで登りのレースは終わりだけど悔いの無いように走ろう。参加者が500名近いらしい。全く話は変わるが、なんと数奇な巡り合わせなのか新潟ヒルクライムの開会式で選手宣誓をやることになった(らしい)。本当かどうかは当日わかるが、一番遠い県の参加者らしい。

地元だけど完全にアウェイなジャージなので戦々恐々としているが、まぁ楽しんで走る。今年はチャンピオンクラスとかなくて混走らしいので登れない私の目標はがんばってシングル。そこまで入れたら御の字だろう。

ホイールは最近いろいろ試したけどLightweightは硬くて踏み切れないし、リム重量が軽すぎて減衰するスピードが早すぎる。登りだけのレースはLightweightは私に向いてない。ロードなら良く回るからええんやけど。やはりBORA クリンチャーが自分にあってる。ということでBORA 35 にSOYOラテックスのコンチスーパーソニック。

今日一発峠でもがいてから、新潟へ移動します。ちょっと58kg台まで戻したいところだ。新潟ヒルクライムがんばりますわ。

ヒルクライムトレーニングの極意
村山 利男
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 25,966
タイトルとURLをコピーしました