変わらず、変えず、たんたんと。

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

どうやら気持ち悪いらしい。今朝は四時に目が覚める。昨日ツール・ド・フランスを見てたのだが面白くなくて寝た。いくら自転車好きでも最終局面までは結構退屈である。それよりも、実業団のレースを見てるほうが以外とおもしろい。朝はよい空気を吸いに、そして良い景色を見るために登る。

高齢者の方たちに混じり子どもたちがNHKのラジオ体操をする。毎朝走ってると大体、定位置に同じメンバーが揃っている。サーッと自転車で通り過ぎるだけだけど、見慣れた顔ぶれだ。彼らはもはや生活の一部に朝のラジオ体操が組み込まれている。良い習慣である。

恐らく彼らは続けているという意識は無い。生活の一部として決められたとおりに感情で動く。感情というのは「やらないと気持ち悪い」という感情だ。こういう人たちは自分の為に行動してるんだろう。今日は本気で登らず、鳥居で引き返す。少しの汗をかいて、ひとっ風呂浴びる。

遠くに見える淡路島や六甲山、梅雨の合間を縫って魅せる澄み切った空。これで満足できる日もある。自転車の素晴らしいところだ。

運動した日の朝と、そうでない日は血流が違うので脳の回転が異なる。そんな利点も自転車にはある。レースだけが自転車ではない。いろんなメリットが我々を支える。細く長くても良いではないか。自転車とうまく付き合うことは、人生をより豊かにするのかもしれない。

脳を鍛えるには運動しかない!―最新科学でわかった脳細胞の増やし方
ジョン J. レイティ エリック ヘイガーマン
日本放送出版協会
売り上げランキング: 773
タイトルとURLをコピーしました