デザイナーコラボウェア第二弾BLACK MAMBAリリース。
詳細はこちら

【悲報】コルナゴ、ロゴ変えるってよ。

スポンサーリンク


▂▅▇█▓▒░(’ω’)░▒▓█▇▅▂うわあああああああ

あの気高く、気品に満ちていて、風格のあるコルナゴのロゴ…..、私たちがイメージしているあの「コルナゴロゴ」のバイクに来年から乗れなくなるかもしれない。2019年モデルからコルナゴはロゴを刷新する。今後はお目にかかれなくなるのだ。最新型はゴシック風にガラリと変わる。申し訳ないがコルナゴっぽくない。

いや、確かに業者に頼んで塗装しなおせばよい話かもしれないが、パマペイントというコルナゴが誇る塗装方法が好きなユーザーも多い(というかほとんどだ)。ただ、残酷にも2019年のコルナゴロゴは変更される。C64もV2Rもconceptもだ。恐ろしいのはMASTER-Xである。まだ情報はつかめていないが、古き良きコルナゴの名作MASTER-Xがあのロゴで登場したとしたら、、、いやまさかそんなことはないと思っておこう。

実はこのロゴ変更は数日前偶然見つけたのだ。コルナゴC64のスレッドフィットについて調べていたところオフィシャルのページで偶然2019年モデルを発見した。衝撃を受けたのはやはりゴシック調に変更されたコルナゴの「最新型」だった。私は思わずこんなツイートをしてしまった。

本当に「パチモン」かと思ってしまった。少々ピナレロのロゴにも似ている。自転車ブランドには2つの方向性があると思う。スペシャライズド、トレック、キャノンデール、ジャイアントといった、最新、最速を求めるメーカー。それとは対照的に自転車本来の美しさ、奥深さ、懐かしさやを備えたコルナゴ、タイム。もはやそのような独りよがりな思いは禁物なのかもしれない。

どのメーカーもマンボウのような風貌で、シートステイが下がり、エアロエアロしていくのだろうか。どの最新モデルのエアロロードはどれも見分けがつかない。エアロダイナミクスに優れた形の結果は、必然なのかもしれない。しかしサイクリスト皆が皆、「速く走りたい」だとか「世界最速のバイクを手に入れたい」と思っているのだろうか。

中には所有する喜びや、バイク本来のあじわい、美しいホリゾンタルのフレームに乗る嗜み方もある(と信じたい)と思うのだ。昨今のTIMEのデザインは本当に過去最悪だとはっきりと言っておきたいが、それに比べたらコルナゴはまだ・・・、マシかもしれない。しかし古き良きコルナゴのロゴをお求めの方は、2018年モデルを探したほうが良いだろう。

デザインもやはり重要だと思うのである。

Colnago forever (ヤエスメディアムック 199)
八重洲出版
売り上げランキング: 681,817