サガンがダウン・アンダークラシックでチューブレスとアルミフレームを使用

スポンサーリンク

video:bikeradar

スクリーンショット 2019-01-13 7.40.18

サガンがダウン・アンダークラシックでアルミフレームのSpecialized Allez Sprint Disc を投入する。この機材で興味深いのは、フレーム素材がアルミということもそうだが、ホイールがROVAL CLX64にチューブレスタイヤが取り付けられているということだ。

スクリーンショット 2019-01-13 7.41.21

タイヤはS-Works Turbo RapidAir、26mmチューブレスを使用している。そして気になるのは、ROVAL CLXのチューブレスバルブの形状が変更されている点だ。もともと付属しているチューブレスバルブはCLXに合わせて作られた専用品だが、サガンが使用しているCLXのバルブ台座は銀色の一回り大きな物変更されている。

ROVAL CLXの登場から数年が経過したためモデルチェンジもありうる。リム形状はチューブレスタイヤを使用するにしてはENVEやMavicと比べると満足の行くものではない(私は普通に使っているが)ため改良が期待される部分だ。

スクリーンショット 2019-01-13 7.41.09

スレッド式のセラミックスピード社のBBを採用している。SPECIALIZEDは2019のスタンプジャンパーでもスレッド式を採用してきた。この流れでOSBBの規格を捨ててスレッド式に戻す方向で進めてほしいものだ。

スクリーンショット 2019-01-13 7.41.46

サドルはローミンEVO。シートポストはVENGEの技術を踏襲している。

スクリーンショット 2019-01-13 7.42.18

サガンもRETULでポジション出しを行っている。

【ぜんぶ公開!】RETUL リテュールバイクフィッティングを受けた結果
ざっくり言うと↓ フィッティングの「見える化」。 精度は0.4mm単位。 もっと早く受けていれば・・・。 RETULのフィッティングをもっと早く受けておけば良かった。後悔さきに立たずとは、まさにこのコトである。R...

スクリーンショット 2019-01-13 7.40.50

ステムはロゴを隠したZIPP springだ。

スクリーンショット 2019-01-13 7.42.00

サガンの詳細な機材スペックは以下の通り。

  • Frameset: Specialized Allez Sprint Disc, size 56cm
  • Front brake: Shimano Dura-Ace R9120, 160mm rotor
  • Rear brake: Shimano Dura-Ace R9120, 140mm rotor
  • Brake/shift levers: Shimano Dura-Ace R9170
  • Front derailleur: Shimano Dura-Ace R9150
  • Rear derailleur: Shimano Dura-Ace R9150
  • Cassette: Shimano Dura-Ace R9100, 11-28
  • Chain: Shimano Dura-Ace R9100
  • Crankset: Shimano Dura-Ace R9100, 54/39 chainrings, 172.5mm cranks
  • Bottom bracket: CeramicSpeed
  • Wheelset: Roval CLX 64
  • Tyres: S-Works Turbo RapidAir, 26mm tubeless
  • Stem: Unmarked Zipp Sprint SL, 150mm
  • Handlebars: S-Works Aerofly, 420mm
  • Tape/grips: Supacaz Super Sticky Kush
  • Pedals: Shimano Dura-Ace R9100
  • Saddle: S-Works Romin Evo
  • Seat post: Specialized Venge Aero seat post, FACT Carbon
  • Bottle cages: Tacx Ciro
  • Computer: Wahoo Elemnt Bolt
  • Rider height: 1.84m
  • Saddle height:750mm
  • Tip of saddle nose to handlebars 620mm
  • Weight: 8.00kg

いよいよ開幕するTDUだが、プロレースの世界でもチューブレスタイヤが使われる日がついに訪れた。チューブラータイヤよりも転がりが小さく、そしてパンク時のエアー漏れも緩やか(もしくはシーラントで塞がる)であることから、近い将来チューブレスタイヤが主流になる日もそう遠くはない。

なおサガンが今回乗る「2019 ALLEZ SPRINT DISC FRMSET」は15万(税込み)で購入可能だ。価格は誤記ではない。ディスクフレームセットは15万円なので入門用ディスクロードとしても良い選択だと思う。サガンが乗っているから入門用ではないのだが、Allez D’Aluisio Smartweld Sprintテクノロジーで溶接されたE5高品質アルミ合金製フレームであることは代わりはない。

SPECIALIZED オンラインストア:ALLEZ SPRINT DISC FRMSET

SPECIALIZED :ALLEZ2018モデルが初心者におすすめのアルミロードバイクである理由