VENGEが合う人、TARMACが合う人。

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

エアロロードは速いというのはそろそろコモディティ化していくと思う。皆が皆エアロロードに乗ったらその分だけアドバンテージはなくなるわけだし、機材差はなくなっていく。となると機材が自由なアマチュアは機材差がなくなり、プロはより機材の縛りが強いため機材差の影響を受けやすくなる。

となると、アマチュアに残されたのはどれだけトレーニングを積んだかその一点に絞られるが、ただ機材の相性という部分もまだ考える必要がある。tarmacとvengeを乗り比べてみても私に合うのはvengeでtarmacはそれほどしっくりこない。本音はそうだ。ただ、万人がそうかといえば、そうでもない。

勝手な想像だが、チームの松木さんや監督はターマックが合うと思う。vengeが合う人はそれほど多くなくて、進み方が全く違う。ターマックが良く進む入力の特徴としてはバイクにパワーを入力する頻度を増やし、粒度をより細かくすればいい。表現は非常に難しいが、そんな感覚だ。加減速が得意だし、上りが多ければ多いほどターマックだと思う。

vengeは入力の頻度がそれほど多くなくても進むし、パワーのかけ方の粒度は粗い。バイクをいろんな方法で進ませることができるかた方はターマックのほうがいい。それほど引き出しがなく、一定で淡々と踏むスタイルならvengeの方があっていると思う。もちろんこの話は「進み方」だけにフォーカスした話であって、もっと広範囲に考えたら重量だとか、エアロダイナミクスだとかもっと重要な話が出てくることは、誰もがわかっている。

ただ、目や数値でわからない「自分に合うバイク」は踏んだ時の進み方や、「こんな踏み方をしたら、こう進むはず」という想像との乖離がより小さなバイクが自分に合うバイクと定義したい。そう考えると、人間一人ひとりが違うように、バイクに対する相性も人それぞれだ。

最近周りでターマックディスクを二人購入した。vengeは合わないと思うから、彼ら自身が時分のスタイルをよく理解してると思う。増税前の駆け込み需要だと思うけど、私の知り合いであれば機材の購入相談に乗りますので、直接連絡してもらえれば何かしらの考えはお伝えできるかなと思います。

しらんけどw

タイトルとURLをコピーしました