zwiftのbluetoothをant+に変更したら幸せになった話

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

【CycleAnt】 ANT+ USB ドングル Zwift 自転車 室内 トレーニング [1年保証付き国内メーカー正規品] (信号強度アップタイプ)

zwiftのブルートゥース落ちすぎ問題。あ、ハードウエアは最新チップの最新ファームね。

Zwiftでブルートゥース接続してたけど、あまりにも通信が不安定なので困っていた。パソコンの再起動やドライバの更新と何をやってもダメだった。というわけでブルートゥースは諦めてant+接続。そしたら、あまりにもペアリングが爆速で安定してるし今までの苦労は何だったのかと。。。

受信機側はアンテナが着いたzwift接続をうたうコレ。

ANT+ USBドングル アンテナ強化により信号強度をUP。従来の製品に比べ格段に接続性がUPした仕様。他社製品のアンテナがついていない微弱電波とは一線を画すとのこと。ズイフトとの接続に最適。 名指しは安心だ!

パッケージ ANT+センサー本体 ※1年保証付きで国内メーカーが対応なのも嬉しい。初期不良/自然故障以外でも、相性不良・通信が不安定・使い方が分からなかったも保証対応wwwとのこと。このANT+受信機とパソコン等の接続にはドライバやソフトのインストールは不要なのでプラグアンドプレイ。PCのUSBポートに差し込むだけで即利用可能。対応OSはwindows7 windouws8 windows10 Mac OSまで使える。

んで、しっかりと技適通した認証済製品。技適認証番号はR 001-A15447で間違いなく国内で使える。あまりにも安定しすぎていて笑う。これで通信断に困ることもない。ブルートゥース接続で消耗してる方おすすめですわ。レイテンシーも下がったら嬉しい。