北摂練〜ZWIFT iwakawaさんmeet up

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

実走もzwiftも楽しいね。どっちが不要でどっちが必要という議論もあるけど、両方楽しめばいいやという考え。なかなかここまでローラー楽しめる機械は無いぞ。というわけで、土曜日は北摂練、日曜日はzwiftに。なんか、そもそもzwiftと実走比較することって意味がない。

比較対象として同じテーブルにそもそも上げられない。両方バランスよく活用するのが良し。平日はもう外に行かないと思う。土日は外練。

土曜日は、五人で走る。久しぶりに井上さん。美山まで往復。初めからスピード速くて千切れそう。かなりいいペースで進む。岡さんも強い。20-30秒ローテでゆるゆると進む。今の時期はロング走ったほうがいいかなーと、ZLは正直なやみ中。聖水ポイントで水を組む。引き返す。井上さんはメグミルクでお別れ。

帰り際に糸井さんが合流。何かしらの方法で連絡手段とらねば。帰りは日吉まで一緒に。

マンナに行き、久しぶりにコミちゃんと会った。マンナはコロナでもお客さんが入っていて何より。娘が好きなアンパンマン書いてもらった。そしたら、やはりコーヒーに手をかけこぼす。

土日はパソコンを組み立てる。結局いろいろとzwiftとnvidiaのソフトウェア設定いじりすぎてドツボへ。zwiftのultra 4k 2160p設定解除。これは、ハードウェアスペックが低いとそもそも設定表示すらされない。結局、cpuとramはオーバークロックしてgpuは定格設定で。

フレームレートをリアルタイムで表示させた。ultra 4k 2160pで解像度は3840×2160という途方もない高精細でドットバイドットで動かす。それでもfpsは120-150ウロウロ。かなりヌルヌルさくさく。nvidiaのソフトウェア設定はかなりzwiftに影響を与える。後でいろいろやった私の設定を公開したいと思います。

なんか、最近このジャージがチームジャージ化?してるのかわからんけどなかなか良いから着てる。

日曜日はiwakawaさんのミートアップに。コースが神がかりすぎて楽しすぎた。ほんとうにありがたいです。松木さんはラルプデュエズ39分台で登ってた狂ってるぜ。その後夕方までzwiftのconfigファイルやらチューニングしてテスト繰り返してたら、松木さんが居たので一緒に登る。

フレームレートと遅延改善のためにGPUに先に処理させて、そのあとCPUに渡す処理にしてたけど、これzwiftとかなり相性が悪い。nvidiaのソフトの設定でできるんだけどやらないほうがいい。一つ一つ設定試して、垂直同期もオフにしないとリフレッシュレートの60hzに引っ張られてフレームレートも落ちた。

というわけで、いろいろハマったけど、こうやってチューニングしてるうちが楽しい訳で。やはりグラボは思い切ってrtx 2080買ってよかった。一番安いやつでこれくらいするけど、4k余裕で動かす。のちほど、設定など載せたいと思います。

MSI GeForce RTX 2080 SUPER VENTUS OC グラフィックスボード VD7027
MSI COMPUTER (2019-07-23)
売り上げランキング: 92,346
タイトルとURLをコピーしました