新型DURA-ACE R9200ついに発表! 最大58%高速化!

スクリーンショット 2021-08-31 23.32.55

新型DURA-ACE R9200シリーズが発表された。R9200シリーズの大きなトピックスは以下の通りだ。

  • ワイヤレスシフト化。
  • リアディレイラーにワイヤレスユニット、充電器、スイッチが一体化
  • リアディレイラーにバッテリー残量LED表示
  • パワーメーターに「力ベクトルデーター計測」が追加。
  • パワーメーターに「ペダルストローク効率分析」が追加。
  • フロントディレイラーが45%高速化(R9100比)。
  • リアディレイラーが58%高速化(R9100比)。
  • フロントディレイラーは99gに軽量化。
  • クランクに160mmが追加。
  • チェーンリングに54-40Tが追加。
  • スプロケットは11-30T、11-34T。
  • R9210リムブレーキラインナップ。
  • サテライトシフト(ドロップ、トップ)追加

ST-R9270

ついにワイヤレス化を果たしたSTIはCR1632バッテリーを採用した。電池寿命は1年半〜2年と長期間の使用に耐えるものだ。そして、エアロポジションでのエルゴノミクスを追求したハンドルはサテライトシフター(スプリンタースイッチ)に対応している。

また、ブレーキレバーはカーボンファイバーで、ハードウェア自体はチタニウムだ。重量は350gと非常に軽い。

ST-R9250

ワイヤー式STIもラインナップされている。

SW-RS801-S

待ち望まれていた通称スプリンタースイッチは「サテライトシフタードロップ」という名で蘇った。待望のサテライトスイッチは2種類リリースされる。1つ目はドロップ部用だ。

SW-RS801-T

ヒルクライムで使用することが期待されるハンドルバー用もラインナップ。

FD-R9250

FD-R9150よりも45%高速化した。小型化し重量はわずか99gだ。トップギアは50–55Tに対応し、トータルキャパシティは16Tだ。

RD-R9250

RD-R9150よりも58%高速化した。ワイヤレスユニット、充電器、スイッチを一体化した。LEDステータスインジケータは「バッテリー残量表示」「ペアリング状況表示」「アジャストモード表示」を確認することができる。

最大リアスプロケットは34Tだ。

EW-EC300

RD-R9250とパワーメータのFC-R9200-Pで使用する充電コネクターも発売される。

BT-DN300

バッテリーは3ポートジャンクションの差込口が搭載される。

FC-R9200

ホローグライド構造によって、重量を削減しながらも強度を維持した。54-40Tを新たに追加されており「最も効率的なドライブトレイン」と銘打たれている。クランク長で160mmのショートクランクがついに追加された。

  • クランク長:160mm, 165mm, 167.5mm, 170mm, 172.5mm, 177.5mm
  • 歯数構成:50-34T, 52-36T, 54-40T

FC-R9200-P

パワーメータはパイオニア社が所有していた特許が盛り込まれているとされている。「力ベクトルデーター計測」はペダモニのちからの方向の大きさを示すものと推測される。ペダルストローク効率は、ペダル効率がパーセンテージで表示されることが予想される。

  • 測定精度:1.5%未満
  • 通信方式:ANT+/Bluetooth LE
  • ひずみゲージ:シマノ独自
  • ゼロオフセット:トランスミッタースイッチで可能
  • 温度補正:あり
  • 計測機能1:力ベクトルデーター計測
  • 測定機能2:ペダルストローク効率
  • クランク長:160mm, 165mm, 167.5mm, 170mm, 172.5mm, 177.5mm
  • 歯数構成:50-34T, 52-36T, 54-40T

CS-R9200-12

カセットスプロケットはわずか2種類だ。12速化に伴い、過去最高効率のギア構成になっている。

  • 11-30T:11-12-13-14-15-16-17-19-21-24-27-30T
  • 11-34T:11-12-13-14-15-17-19-21-24-27-30-34T

BR-R9270

ハイドローリックディスクブレーキはワンピース構造によって剛性をたかめつつ、軽量化を実現した。パッドクリアランスは10%広げられローターとのスレを低減している。重量は前後ペア229gだ。

まとめ:ワイヤレス化、12速化、高速化、軽量化。

スクリーンショット 2021-08-31 23.33.04

ワイヤレス化、12速化、高速化、軽量化、ペダモニのペダリング効率復活。これが今回のアップデートの主なトピックスだ。アップデートされなかったのはローターだ。ラインナップにはマウンテンバイク用のRT-MT900が組み込まれている。

発売は9/28から行われる予定だ。


R9200とR8100の重量比較まとめ DURA-ACE Di2は299g軽く、価格差は159,926円
R9200とR8100シリーズのトータル重量差は299gだ。主要部品の価格比較は159,926円だ。
R9200とR9100の重量比較まとめ DURA-ACE Di2は35.2g増
R9200とR9100シリーズのDi2構成におけるトータル重量差は+35.2g増加した。しかし、ギア枚数が増えていることを考えるとこれは軽量化とも受け取れる。各パーツの差分重量は以下の通り。
R8100とR8000の重量比較まとめ ULTEGRA Di2は11.20g増
R8100とR8000シリーズのDi2構成におけるトータル重量差は+11.2g増加した。しかし、ギア枚数が増えていることを考えるとこれは軽量化とも受け取れる。各パーツの差分重量は以下の通り。
新型DURA-ACE R9200ついに発表! 最大58%高速化!
...
新型 ULTEGRA R8100が発表! ワイヤレス化、前作DURA-ACEを超える性能!
...