【速報】新型105 R7100リーク!電動化&12速化で7月発売か?

スポンサーリンク

海外(お隣の国)のSNSで新型105の情報がリークした。新型105のモデルナンバーはR7100シリーズになるようだ。大きなトピックスとしては電動化と12速対応だ。現在判明している大きな変更点は以下の通り。

  • 12速化
  • 無線化
  • Di2化
  • クランクのロゴは「SHIMANO 105」
  • ブラケットサイズは上位踏襲
  • 樹脂パーツで低廉化
  • ワイヤー式は無し、遅れて登場が濃厚
  • 外装はDura-Aceそっくり

モデル名もほぼ確定しているようだ。全てDi2仕様でセミワイヤレス化を踏襲している。スプロケットは11-34T、クランクは50Tと52Tが選べるようだ。

  • ST-R7170(R)
  • ST-R7170(L)
  • BR-R7170(R)
  • BR-R7170(F)
  • FD-R7150
  • RD-R7150
  • FC-R7100 50-52T 170mm
  • CS-R7100 11-12-13-14-15-17-19-21-24-27-30-34T
  • SM-RT64 160mm

発売時期に関してだが、某米国ブランドの新型エアロロードのローンチが7/1(金)に合わせて105も発表される可能性があるという。既に北米やアジアの販売店などに情報が行っているようだ。

SRAM RIVALも電動化し一歩出足が遅れたシマノは間違いなく105のエントリーグレードでもシェアを拡大していくことだろう。ただ、何よりもパーツの安定供給をメーカーにはお願いしたいところだ。

新型アルテグラR8100インプレッション!”R9100超え”は本当か?
新型アルテグラR8100のコンポーネントを試し、得られた知見や体験した性能をまとめた。はたして、巷で言われているような「DURA-ACE R9100を超えた!」という、新製品が出るたびにお見かけする業界の都合のいい評価は本当なのだろうか。
R9200とR9100の重量比較まとめ DURA-ACE Di2は35.2g増
R9200とR9100シリーズのDi2構成におけるトータル重量差は+35.2g増加した。しかし、ギア枚数が増えていることを考えるとこれは軽量化とも受け取れる。各パーツの差分重量は以下の通り。
R9200とR8100の重量比較まとめ DURA-ACE Di2は299g軽く、価格差は159,926円
R9200とR8100シリーズのトータル重量差は299gだ。主要部品の価格比較は159,926円だ。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーが検出されました。

当サイトでの広告表示を
許可してください

広告ブロッカーをお使いのようです。
このサイトでは主に広告収益で
運営しております。
ご理解頂きますようよろしくお願い申し上げます。