ゆれない、静か、取りはずしがラクなサドルバッグSILCA MATTONEインプレッション

4.5
スポンサーリンク

SILCA MATTONE(マットーネ)をざっくりいうと↓

  • BOAダイアルを搭載
  • サドル下でゆれない
  • 取りはずしがラク
  • お札やクレジットカードが入れられる
  • ポンプを外付けできる

いままで、サドルバッグはサドルと合体するスペシャライズドSWATを使用してきたのだが、プラスチックの部品がカタカタと音が鳴りはじめ、雨風で本体がボロボロになってきたため新しいサドルバッグを購入した。

購入したSILCA MATTONE(シルカ マットーネ)は、コンパクトでスッキリとした外観でありながら、サドルの下で全く遊ばない(ゆれない)バッグだ。この「ゆれない」サドルバッグというのは、実走で使ってみなければわからない性能である。

ゆれないサドルバッグを店頭で見つけることは、意外と簡単なことではない。使ってみなければわからないからだ。しかし、SILCA MATTONEは、締め付け強弱が容易に変更できるBOAダイアルが良い仕事をし、安定性を確立していた。

今回の記事は、BOAダイアルを使った少し不思議なサドルバッグSILCA MATTONEをレビューした。実際の使い勝手や、工具やチューブがどれくらい入るのかなど容量面もくまなく確認した。そして、実際に使ってみると、安定性以外の部分に関してもBOAダイアルのメリットがわかってきた。

スポンサーリンク

特徴的なBOAダイアル

SILCA MATTONEが他のサドルバッグと一線を画しているのは、サイクリングシューズに使われているBOAダイアルシステムを採用していることにある。サドルレールに固定するための幅広のゴム製ストラップを、バックに縫い付けられたガイドに通して使用する。

サドルへの装着方法は、BOAダイアルを片方のサドルレールに通し、ストラップのもう片方を反対側のレールにかけ、ストラップをバッグの底に巻き付けるだけだ。赤いナイロン製の糸をフックに巻き付け、BOAダイアルを巻き上げると固定される仕組みになっている。

この固定方法は、これまで試してきた固定方法のなかで最も優れていた。ベルクロタイプやプラスチックの着脱式とはちがって、バッグを素早く装着でき、そして素早く取り外せる。

それだけでなく、サドルの下側にぴったりとバッグを固定し密着させることができる。実際の走行中もガタガタとゆれうごくことはなかった。

「サドルバッグxBOAダイアル」という組わせが、今までなかったことが不思議なくらいに感じた。「固定x取り付けx取り外し」というサドルバッグに求められる要素を全て改善したBOAシステムの優れたソリューションだ。

スポンサーリンク

どれぐらい入る?

SILCAの商品説明を確認すると、「スペアチューブ、CO2ボンベ、マルチツール、現金」を運ぶためのバッグとある。ただし、実際にライドに使う場合これだけでは足りない。わたしは、以下の道具を入れている。

そして、Airboneの空気入れはBOAダイヤルを活用して外付けしている。以前使用していたスペシャライズドのSWATサドルバッグは空気入れ含め全てを収納できたが、SILCA MATTONEは、BOAダイアルの特徴を生かし空気入れを外に固定する方法をとれる。

固定できる空気入れの長さは、突き出し量を気にしなければ空気入れの直径が収まるものならば大抵の空気入れをマウントできる。

タイヤブートとタイヤパッチを入れるスペースには、クレジットカードや現金を入れることも可能だ。最小限の量を持ち運ぶ場合に、必要な量だけ、必要なスペースが確保されているといった印象を受けた。

内側の内装を確認すると、しっかりとしたパッドが入っている。バッグ内でツールとツールが干渉しあい、ガタガタなることを抑えてくれる。なお、使用している軽量な57gのポンプ3セットは以下の記事を参照してほしい。

重量57g AIRBONE インプレッション かんたん・便利・失敗しないポンプ3セット
airboneのポンプを使い始めて今年で10年が過ぎた。2010年に初めて購入してから、2個紛失し、合計3本買った経緯がある。他の携帯ポンプにも浮気はしたが、それでもairboneのポンプに戻ってきた。3本目は2021年に購入した。機材に飽きやすい私が10年以上も同一の製品を使い続けるなんて、自分でも信じられない。しかし、この小さなポンプにはそれゆえ使い続けるだけの理由と魅力が詰まっている。...
スポンサーリンク

中身を取り出すとき

61xMdrMDbBL._AC_SL1500_

肝心の「中身を取り出すとき」に、SILCA MATTONEは構造的に2つの方法がある。サドルレールに取り付けられている固定用の帯を「外す」か「取り付けたまま」どちらかを選択する必要がある。

購入したばかりの頃は、取り付けたまま使用していたが、チャックをあけると全てのツールが落ちてきてしまうのでオススメはしない。正しい使い方は、サドルレールの固定帯をすべて取り外すことだ。

以前使用していたスペシャライズドのSWATバッグは、ワンタッチで外せて便利だった。SILCA MATTONEは取り外しの仕組みだけは少々使い勝手が悪い。しかし、スパッと取り外せる速さ、固定方法やシンプルさ、ライド中もゆれずにツールの干渉音も発生しないことを考えるとメリットのほうが上まわる。

スポンサーリンク

まとめ:100年の歴史があるSILCAの名品

81txEAg0ZjL._AC_SL1500_

SILCAはイタリアで100年以上前に誕生した。老舗中の老舗ながら、あたらしい素材や、新しい発想で様々な製品をリリースしている。それでいて、SILCAポンプを長らく製造し続けているという、息の長い製品展開も魅力的だ。

その中でもBOAダイアルを備えたSILCA MATTONEは、固定力、着脱、収納と全てがコンパクトにまとまったSILCAらしいサドルバッグだった。さらに時代を反映してか、クレジットカード用のスペースを設けるなど、サイクリストが何を必要としているのかをよく理解している構造が目を引いた。

肝心の価格だが、他のサドルバッグと比べると6千円と高価だ。これもSILCAらしい高級路線の価格設定と言える。しかし、実際に使ってみると固定力の高さ、荒れた道を走っても、カタカタと気にさわる音が鳴らないこと、使い勝手の良さ、BOAダイアル方式で別のバイクでも手軽に取り付け取り外し調整ができるなど、メリットはとても多かった。

SILCA MATTONEは、長く使うことを考えたSILCAらしい配慮が施されたサドルバッグだ。コンパクトなサドルバッグを探されている方や、走行中に揺れず不快な音がしない性能を求めている方におすすめのサドルバッグだ。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーが検出されました。

当サイトでの広告表示を
許可してください

広告ブロッカーをお使いのようです。
このサイトでは主に広告収益で
運営しております。
ご理解頂きますようよろしくお願い申し上げます。