【価格間違い?】新型DURA-ACEコンポとハンドル込で最高峰AEROAD CFRフレームセットが51.9万www

スポンサーリンク

full_2022_aeraod-cfr-disc-frs-brake-kit_3048_bk-bk_P5

追記:9分で完売した模様…

どういうこと・・・。二度見したのが、CANYONの2022モデル最高峰 AEROAD CFRのフレームセットの「価格」だ。

まず、以下の最新型&最高峰のシマノDURA-ACEパーツが標準付属している。

  • DURA-ACE BR-R9270-F:18,711円
  • DURA-ACE BR-R9270-R:18,249円
  • DURA-ACE ST-R9270-L:56,018円
  • DURA-ACE ST-R9270-R:56,018円

合計148,996‬円のコンポーネントが付属、さらに可変式ハンドル&ステムが付属して519,000円だ。実質370,004円でフレーム、シートポスト、ハンドル、ステムが付属してくる計算だ。

しかも、廉価版ではなくマチューファンデルプールなど世界のトップ選手が乗るCFR(CANYON Factory Racing)モデル、カーボンは最高グレードのM40Xだ。今回最もお買い得なモデルが「AEROAD CFR フレーム&ブレーキキット Shimano Dura-Ace Di2」といえる。

ライバルメーカーのフレームセット価格を見比べても、その破壊的な価格設定には驚くばかりだ。

送料や税を含めたより具体的な額としては、「送料」と「購入代金(自転車本体)×60%(個人用品特例)×消費税率=消費税額」を考慮する必要がある。

  • 配送料:21,500円
  • 消費税額:519,000円 x 0.6 x 0.1 = 31,140円
  • 合計支払額:519,000 + 21,500 + 31,140 = 571,640円

全て考慮した価格はおよそ571,640円だ。ここからコンポーネントの価格148,996‬円を引くと、フレーム価格は実質422,644円になる。この価格は並みいるハイエンドモデルの中で特に安く、RP9やGIANT TCR ADVANCEDを購入するよりも安い。

2920_TOP-3_aeroad-disc-cfr-di2_bk-bk_top-tube

  • AEROAD CFR(フレーム単体):422,644円
  • TCR ADVANCED(フレーム単体):473,000円
  • RP9(フレーム単体):495,000円
  • TARMAC SL7(フレーム単体):660,000円
  • AEROAD CFR(STI&BR込み):571,640円
  • TCR ADVANCED(STI&BR込み):621,996円
  • RP9(STI&BR込み):643,996‬円
  • TARMAC SL7(STI&BR込み):808,996円

そして、間違いなく購入できる世界最速だ。

  • サイズ:2XS(158-166cm)~2XL(196-202cm)まで7サイズ展開
  • カラー:ウルトラステルス

12速化や、別のバイクで納期が先になっているサイクリストはこの機会にAEROAD最高峰のモデルを検討しても十分にお釣りが来るはずだ。

【速報】2022モデル CANYON AEROAD発表!新コンポ搭載、数々のアップグレード、今すぐ購入可能!
2022年モデルのCANYON AEROADは3種類のグレード展開だ。全てのモデルで”購入できる”世界最速のフレーム形状を踏襲、使用するカーボン素材を変更し重量とコンポーネントグレードで差別化している。全車パワーメーターが標準搭載(カンパ除く)だ。
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーが検出されました。

当サイトでの広告表示を
許可してください

広告ブロッカーをお使いのようです。
このサイトでは主に広告収益で
運営しております。
ご理解頂きますようよろしくお願い申し上げます。